autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 トヨタ プリウス vs トヨタ アクア どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2016/3/16 11:49

トヨタ プリウス vs トヨタ アクア どっちが買い!?徹底比較(3/4)

トヨタ プリウス vs トヨタ アクア どっちが買い!?徹底比較

新型プリウスの需要が落ち着けば、アクアが販売No.1に返り咲く可能性も

また、アクアは営業車などに使う法人ユーザーのニーズも高い。そして法人が営業車を購入する時は「車両価格が200万円以下の5ナンバー車」といった条件の付くことが多い。となればプリウスは対象外になりやすい。

特に新型プリウスで価格が最も安い「E」グレードの価格は242万9,018円で、先代プリウスで最も安かった「L」に比べて約20万円の値上げになった。

トヨタ アクア

現行型のプリウスEはバイビーム式LEDヘッドランプを標準装着しており、リチウムイオン電池の搭載と相まってJC08モード燃費は「40.8km/L」。世界的に見ても最高峰の燃費性能だ(先代のLグレードは「32.6km/L」)。

なので実質的な価格上昇はリチウムイオン電池を含めて8~10万円だが、法人の購入では上級のメカニズムや装備はあまり考慮されない。現行型の価格が値上げされると分かった時点で、先代プリウスの「E」グレードを駆け込みで買う法人も見られた。

そのような背景もあって、今では多少なりとも安さを重視するなら「アクア」という選択肢になる。

このほかアクアは、5ナンバー車とあってレンタカー、カーシェアリングなどの需要が多く、プリウスとは直接競争しにくい面がある。少なくとも国内市場に合っているのはアクアだから、新型プリウスの需要が落ち着けば、アクアが再び国内販売のナンバーワンに返り咲く可能性が高い。

商品力と価格バランスを考えると、新型プリウスが買い得

トヨタ プリウストヨタ アクア

ただし、機能や装備と価格のバランスを比べればアクアが必ずしも優位とはいえない。アクアの価格はプリウスよりも安いが、機能や装備も削られるからだ。

プリウスの「S」グレードとアクアの「S」グレードの価格を比べると、プリウス「S」グレードが59万2,036円高い。しかし、アクア「S」グレードにはプリウス「S」グレードに標準装着されるサイド&カーテンエアバッグ、バイビームLEDヘッドランプ、スマートエントリー、4.2インチTFTメーターなどがオプション設定になる。

これらを価格に換算すると、プリウス「S」グレードの装備はアクア「S」グレードを34万円分ほど上まわる。となれば約59万円もの価格差は、実際には装備の違いだけで約25万円に縮まる。

25万円でボディが拡大されて、室内も広がる。エンジンはアクアは1.5リッターだが、プリウスでは1.8リッターに拡大。しかもJC08モード燃費は、アクアSが37km/L、プリウスSは37.2km/Lと、ボディとエンジン排気量を拡大しながら気になる燃費値はほぼ同じだ。

さらにプリウスは現行型でプラットフォームを刷新。アクアのリヤサスペンションはトーションビームの車軸式だが、プリウスはダブルウイッシュボーンの独立式で、走行安定性と乗り心地のバランスもプリウスが上まわっている。

こういった商品力の向上と25万円の実質価格差を天秤にかければ、客観的にはプリウスが買い得だろう。

トヨタ アクア

もちろんアクア「S」グレードにもメリットはあり、車両重量はプリウス「S」グレードに比べて280kg軽い。運転感覚が機敏で、峠道などを走るとアクアの方が運転が楽しく感じる。

それでも走りなどに特化させず、一般的な評価をすればプリウスが機能をバランス良く高めて買い得だ。特にアクアは後席と荷室が狭めで、実用的に5ドアクーペ的なクルマとなっている。4名で乗る機会があるユーザーにはプリウスを推奨したい。

トヨタ プリウス 関連ページ

トヨタ アクア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22