autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 8月度販売ランキング/松下宏

自動車評論家コラム 2010/9/22 10:13

8月度販売ランキング/松下宏(1/3)

8月度販売ランキング/松下宏

ディーラーとユーザー、双方で需要を盛り上げた8月

8月の新車登録台数は、前年を50%近く上回る290,789台を記録した。

軽自動車も前年比で20%を超える110,286台を販売し、中古車の登録台数も久々にプラスに転じるなど、記録づくめの売れ行きになった。これは、言うまでもなくエコカー補助金が終了する前の駆け込み需要が発生したためだ。

新車ディーラー各社も例年なら盆休みをとる8月中旬も営業していた店舗が多く、ディーラーとユーザーが一体になって需要を盛り上げた形である。

1位~10位:未だ2万台を超えて売れ続けているプリウス

※()内は販売台数

1位:プリウス(22,263)/2位:フィット(17,258)/3位:タント(14,783)

4位:ワゴンR(13,455)/5位:ヴィッツ(12,809)/6位:フリード(11,232)

7位:カローラ(10,705)/8位:ムーヴ(10,414)/9位:デミオ(8,943)

10位:アルト(8,359)

販売台数のトップは相変わらず「トヨタ プリウス」が占めた。8月に登録になったのは3ヶ月くらい前に契約したユーザーだと思われるが、それにしてもまだ月に2万台を超える売れ行きを維持している。当分はプリウスを上回るクルマは登場しそうにない。

ホンダ フィットハイブリッド

2位は「ホンダ フィット」で、これも定位置といった感じ。この秋にはマイナーチェンジが行われる予定だが、その直前の割には良く売れている。フィットは、マイナーチェンジで低価格のハイブリッド車を投入してくるのが確実で、それによってプリウスを上回ることができるかどうかが注目される。

軽自動車の首位は「ダイハツ タント」で、総合では3位に入った。これに「スズキ ワゴンR」が続いている。

タントはタントエグゼも含めた台数だが、それにしてもタントの人気の高さも相当なものだ。ここ3ヶ月続けてワゴンRを上回っている。8月までの累計販売台数でもタントがワゴンRを上回ったので、9月以降はワゴンRの巻き返しが注目される。

5位には「トヨタ ヴィッツ」と、ここまでは7月と全く同じ順位である。

ホンダ フリードスパイク

6位以下は少し変動があった。スパイクが加わって売れ行きを伸ばした「フリード」が8位から6位へ順位を上げた代わりに、「トヨタ カローラ」と「ダイハツ ムーヴ」が1ランクずつ落ちている。

8位のムーヴまでが、月間の販売台数で1万台超えだ。ムーヴはモデル末期が近づいている割には良く売れている。

9位の「マツダ デミオ」は前月の14位から10位圏内にランクアップ。10位の「スズキ アルト」は、前月と変わっていない。

トヨタ プリウス 関連ページ

日産 マーチ 関連ページ

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25