autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/河村康彦

ベストバイカー 2009/7/9 10:22

2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/河村康彦

関連: トヨタ プリウス , 三菱 アイ Text: 河村 康彦 Photo: 原田淳
2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/河村康彦

トータルベストカー/トヨタ プリウス

プリウス イメージ
プリウス シフトプリウス インパネ

内燃機関(エンジン)と電気モーターの両者を積むハイブリッドカーの燃費が優れるのは、エンジンの効率が落ちる運転領域を電気モーターに補完させ、かつこれまで減速時には無駄に捨てていたエネルギーを回収出来るから。

一方で、そんな2種の“原動機”を積むことのデメリットは、主に重量の増加と価格の上昇。

後者を大幅に改善させた新型プリウスが、従来型にも増して「良いとこ採り」という価値を鮮明にしたのは、当然の事だ。

すでに12年に及ぶハイブリッドカーづくりの経験を生かして、燃費改善効果をさらに高めたことも、もちろん新型の売りの一つ。

現実にあらゆるシチュエーションで大幅な燃費低減を実現し、一方でハイブリッドのデメリットを大きく解消した新型プリウスが、このタイトルを獲得する事はもはや必然の成り行きだ。

ベストドライビングカー/トヨタ プリウス

プリウス イメージ
プリウス 走行イメージ1プリウス 走行イメージ2

新型プリウスが誇るべきは、単に優れた燃費性能の実現だけに留まらない。

このモデルが、そのスタートの瞬間から「これまでのエンジン車」とは全く異質なパワーユニットの持ち主として、独特の動力性能を体感させてくれることも、重要なセールスポイント。

スタートの瞬間からしばらくの間は、電気モーターが加速を担当する事による、「極めて滑らかでかつほとんど無音」というテイストは、通常のクルマでは実現不可能なもの。

長年“エンジン車”に慣れた人にとって、この感覚は何とも異次元に溢れ、かつ魅力的だ。

一方で、(17インチ装着車に限られるものの)従来型では不満点だった足腰の“ひ弱さ”が大きく改善されたのも新型では大きなマル。

サーキットに持ち込まないとまるで「宝の持ち腐れ」のGT-R specVよりも、日常シーンで遥かに高い心地良さをもたらしてくれるのがプリウスなのだ。

ベストデザインカー/三菱 i-Miev

三菱 i-Miev(アイ・ミーブ) フロントイメージ
三菱 i-Miev(アイ・ミーブ) メーター三菱 i-Miev(アイ・ミーブ) インパネ

電気自動車だから・・・というポイントを抜きにしても、今回の該当車の中から「ベストデザインは?」と問われれば、迷う事なくコレという事になるのが三菱 i(アイ)。

対前面衝突性能を確保しつつ、フロント・セクションをこれほど短く出来たのは、そのパッケージングがパワーパックを後方にまとめて後輪を駆動する“RR”レイアウトであればこそ。

そして、そんな i(アイ)ならではの特徴は、“電気化”にあたっても功を奏する事になる。前後に分離配置されたバッテリーとモーターを結ぶ太い高圧ケーブルが必要なく、結果として送電ロスや重量増を抑える事に効果を挙げたというからだ。

電動化されたパワーパックが「これからのクルマ」を象徴するものだとしたら、未来的なスタイリングもまさにそんなキャラクターを表現するに相応しい。

筆者: 河村 康彦

トヨタ プリウス 関連ページ

三菱 アイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26