autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/日下部保雄

ベストバイカー 2009/7/7 12:30

2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/日下部保雄

関連: トヨタ プリウス , 日産 GT-R , レクサス ISコンバーチブル Text: 日下部 保雄 Photo: トヨタ自動車(株)/原田淳/オートックワン編集部
2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/日下部保雄

トータルベストカー/トヨタ プリウス

トヨタ プリウス 走行イメージ1
トヨタ プリウス 走行イメージ2トヨタ プリウス イメージ

またプリウスかと思われるかもしれないが、販売台数は世間の期待の高さを物語っている。

すでに納車8ヶ月待ちと言うのは、バブルの時代に等しい爆発的な売れ行きだ。

電気モーターだけで走れるストロング・ハイブリッドは、その特性を活かして、都市部での燃費の強みを発揮する。高速でもシステムのエネルギー回生率を上げ、また排気量を1.8リットルに拡大したことで、余力が燃費のよさに繋がっている。

まさに独走状態のプリウスだが、燃費だけでなく安全性に対しても高い配慮がされていることはあまり知られていない。緊急回避性なども安定志向に躾けられており、世界最先端のファミリーカーとして日本が世界に誇れるクルマだ。

ベストドライビングカー/日産 GT-R specV

日産 GT-R specV
日産 GT-R specV エンブレム日産 GT-R specV フロントスタイリング

もはやここまでくると普通の道でドライビングを楽しむというレベルではないが、その音、振動・・・GT-R specVの息吹からは、そのあらゆる凄さが伝わってくる。

ノーマルのGT-Rも素晴らしいパフォーマンスに舌を巻いたが、specVは軽量化の効果が如実に現れており、上着を一枚脱いだような軽快な動きになっていた。

と言っても、GT-Rは戦闘機のような速さであることに変わりはなく、気軽に振り回すというようなレベルではない。

しかしサーキットを走るようなチャンスがあれば、ステアリングやアクセルに対する反応のよさ、それに強力無比な6ポッドブレーキキャリパーによる制動力に驚くに違いない。

安定性の高さや速さなど、日本が世界に誇るGT-Rを磨き上げた性能に敬意を表して。

ベストデザインカー/レクサス IS250C

レクサス IS250C
レクサス IS250C インテリアレクサス IS250C リアシート

今だからこそコンバーチブルに乗ろう!

セダンをコンバーチブルにするとデザインが崩れることがあるが、IS250Cはバランスの取れた良いデザインだ。オープンにした時の気持ちよさに加え、リアにウィンドウディフレクターを装着しなくとも風の巻き込みは最小限に抑えられ、オープンにしても居住性はかなり高い。

また、クーペにした時の姿もなかなか様になっており、セダンの力強さを損なっていない。

さらに、いざとなれば4人の大人が乗れることもIS250Cの強みだ。

いくらデザインが優れていても、ハンドリングに適度の心地よさを持っていなければならないが、IS250Cは高いボディ剛性でシットリした乗り味を待っており、この点でも勧められる。

トヨタ プリウス 関連ページ

日産 GT-R 関連ページ

レクサス ISコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26