autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 次期「プリウス」の最新情報まとめ!燃費“40km/L”へ大幅に向上、現行プリウスとの価格差は?[コラム] 2ページ目

自動車評論家コラム 2015/6/12 11:53

次期「プリウス」の最新情報まとめ!燃費“40km/L”へ大幅に向上、現行プリウスとの価格差は?[コラム](2/2)

次期「プリウス」の最新情報まとめ!燃費“40km/L”へ大幅に向上、現行プリウスとの価格差は?[コラム]

燃費目標は「40km/L」、実現すれば現時点で「究極のエコカー」に

3代目 現行プリウス

大きな変更点が二つ。まず制御系。現行モデルより大幅に電気の変換効率が高いインバーターを使う。これだけで数%燃費良くなるというから凄い。

そしてやっとリチウム電池になること。これまた効率良い回生やパワーアシストを行えるようなるため、燃費に好影響を与えます。

軽量ボディと駆動系の効率化、ハイブリッドユニットの進化により、JC08燃費の目標を40km/Lに置いていると言われる。

現行モデルが32,6km/Lなので20%アップ。実用燃費を街中でカタログ値の60%。流れの良い好条件の道で80%とすれば、それぞれ24km/Lと32km/Lになる。

文字通り究極のECOカーと言って良かろう。

電池搭載量を増やし、モーターだけで40km程度の航続距離を持つ(現行モデルは25km程度)プラグインハイブリッドモデルもある。

現行のプリウスPHVは、普通のプリウスとの価格差が大きかったため計画販売台数に届かなかった現行モデルの経験を生かし、30万円高くらいの価格設定になるようだ。デザインも普通のプリウスと少し変える模様。

次期プリウスの価格は?

3代目 現行プリウス

気になる価格だけれど現行モデルより10万円高くらいか?現行モデルの値引きは直近で30万円を超えている。

新型との価格差は40万円。燃費の差でモトを取ることは難しいことを考えると、長く乗るなら熟成されている現行モデルの最終モデル買うというチョイスも悪くない。

ただ、次期型は高性能自動ブレーキを選べるようになる。

筆者: 国沢 光宏

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22