autoc-one.jp 記事・レポート 特集 日本にない日本車 日本にない日本車「北米トヨタ ハイブリッド車」編/桃田健史 2ページ目

日本にない日本車 2013/3/4 19:20

日本にない日本車「北米トヨタ ハイブリッド車」編/桃田健史(2/3)

日本にない日本車「北米トヨタ ハイブリッド車」編/桃田健史

「プリウス」より売れるトヨタ車とは?

2012年に日本で最も数多く売れたクルマ、それが「プリウス」だ。その数、31万7,675台。第二位は「アクア」で26万6,567台。トヨタハイブリッド車が見事にワンツーを奪取した。

以下、「N Box」「フィット」「ワゴンR」「タント」「ミライース」「ムーヴ」「フリード」、そして「ヴィッツ」。以上がトップ10となる。

こうした日本の常識では考えられないのが、アメリカでのクルマの売れ筋だ。

トヨタ カムリ

トヨタが2012年にアメリカで最も数多く売ったクルマ、それは「カムリ」だ。

その数、なんと40万4,886台にも及ぶ。これを「カローラ」が29万947台で追う。アメリカでは長年に渡り、C/Dセグメントセダンの人気が高いのだ。

こうした状況を、ミニバンと軽自動車が全盛期の日本から見ると「60年代の高度成長期じゃあるまいし。こんなこと、ありえない!」と思えてしまう。

トヨタ RAV4

また、アメリカらしくSUV人気も根強い。

「RAV4」は17万1,877台、「ハイランダー(ハイラックスサーフ)」が12万1,055台、 「4ランナー」が11万4,725台も売れた。 このような北米特有のクルマの売れ方により、ハイブリッド車のラインアップも当然の如く変わってくる。

ということで、「プリウス・ファミリー」以外では「カムリハイブリッド」「アバロンハイブリッド」、そして「ハイランダーハイブリッド」の3モデルが設定されている。

前述の通り、「カムリ」と「ハイランダー」は売れ筋。その商品性に幅を持たせるためにも、ハイブリッド車が考案された。

トヨタ アバロン

そして「アバロン」。

同車は「カムリ」では飽き足らない50代以降の熟年層向けの北米専用車だ。プラットフォームが「カムリ」と共通のため、ハイブリッド化しやすい。車格としては「クラウン」に相当する。日本で「クラウンハイブリッド」を設定があることを考えると、「アバロンハイブリッド」の存在意義が理解できる。

こうして、北米市場に見合ったトヨタラインアップができているのだが・・・、ハイブリッド車市場は中々大きくならない。

それは、なぜか?

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25