autoc-one.jp 記事・レポート 特集 日本にない日本車 日本にない日本車「北米トヨタ ハイブリッド車」編/桃田健史

日本にない日本車 2013/3/4 19:20

日本にない日本車「北米トヨタ ハイブリッド車」編/桃田健史(1/3)

日本にない日本車「北米トヨタ ハイブリッド車」編/桃田健史

北米版アクア「プリウスc」の販売が伸びないワケ?

トヨタ プリウストヨタプリウスプラグイン(日本名:プリウスPHV)トヨタ プリウスv(日本名:プリウスα)トヨタ プリウスc(日本名:アクア)

日米で、随分と異なるハイブリッド車事情___

アメリカは、日本よりも「プリウス」と車名の付くクルマが多い。日本ではプリウスαと呼ばれる「プリウスv」、プリウスPHVは「プリウスプラグイン」、そして日本でのアクアはアメリカでは「プリウスc」と呼ばれている。

アメリカでは、これらは纏めて「プリウス・ファミリー」と称されている。プリウス・ファミリーの販売台数は、本家「プリウス」を含めて23万6,659台(2012年実績)。内訳は「プリウス」が14万7,507台、これは日本の実績のほぼ半分。「プリウスv」が4万669台、「プリウスプラグイン」は1万2,750台だ。

そして、日本では飛ぶように売れたアクアこと「プリウスc」は3万5,733台しか売れていない。これは日本の販売実績の僅か13.5%という低水準だ。

どうして、「プリウスc」はアメリカでは売れないのだろうか?

その理由は単純、“ボディサイズが小さい”からだ。

トヨタ プリウスc(日本名:アクア)

2000年代以降のアメリカでは、日本ではコンパクトカーと呼ばれている「Bセグメント」に各メーカーが新型車を投入してきた。

しかし、体の大きいアメリカ人にとっては「今のガソリン価格ならば、車内空間を犠牲にしてまで燃費を気にしたくない」という気持ちが大きい。

または、例え一人で乗ることが多くても、スーパーマーケットで一度に大量の買い物をするなど、クルマに乗せる荷物の量が日本人より多いアメリカ人にとって、やはり「プリウスc」は小さいのだ。

トヨタ プリウスc(日本名:アクア)

さらに言えば、仮に同車名が「アクア」としていたら、販売台数はもっと少なかったはずだ。「ミニプリウス」を分かり易く表現した「c」だからこそ、現状の販売台数が維持できている。

また、「プリウスc」もさることながら、「ヤリス(ヴィッツ)」も3万590台と、販売が伸びない。それほどまでに、アメリカでは全般的に小型車の人気が低いのだ。

では一体、アメリカではどんなトヨタ車が売れているのか?

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28