autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウスPHV 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/2/4 21:31

トヨタ プリウスPHV 試乗レポート(2/3)

関連: トヨタ プリウス Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
トヨタ プリウスPHV 試乗レポート

充電器は運転席下、配線はフロア下へ

トヨタ プリウス PHV
トヨタ プリウス PHVトヨタ プリウス PHV

エクステリアは、通常のプリウスにもあるライトブルーマイカメタリックのみの設定で、ドアミラーやドアハンドル、リアガーニッシュなど一部を高輝度シルバー塗装し、ボディ側面にはプラグと花をモチーフにしたサイドストライプを配する。

充電リッドが左フロントフェンダー後方に配置されているが、これはアメリカでは前から入って駐車するのが一般的だから、というのが理由とのことだ。

車両のフロント部分は配線類こそ異なるが、通常のプリウスとそれほど大きな違いはない。充電器は運転席の下に配置。電磁波の影響がないよう高圧系のものには綿密にカバーを施し、配線は基本的にすべてフロア下を通している。

トヨタ プリウス PHV

ラゲッジルーム下に計3パックのリチウムイオンバッテリーを搭載するが、これによりラゲッジフロアは通常のプリウスよりも約40mm高くなっている。車検証によると、車重は1,490kgで、前軸重850kg、後軸重640kgとなっており、後軸重が140kg増している。

タイヤ&ホイールはプリウスの15インチ仕様と同じ。指定空気圧は前後とも250Kpaと、通常のプリウスに比べ、フロントは同じで、リアは荷重の増加に合わせて10Kpa増しとなっている。

シートヒーターを使って航続距離を稼ぐ

トヨタ プリウス PHVトヨタ プリウス PHV

インテリアでは、通常のプリウスに対しメーターが若干変更されていて、EV走行支援表示機能が加わっている。ハイブリッドシステムインジケーター画面にはEV走行可能範囲を、エネルギーモニター画面にはEV走行可能距離を表示する機能が加わり、さらに充電電力により累積EV走行比率を表示する機能などが加えられた。

また、プラグイン効果による環境貢献度を木の成長で表現する画面も設定されている。これらにより、EV走行の効果や状況をリアルタイムに確認できて、視覚的に楽しみながらエコに貢献できるというのは非常によいことだと思う。

タイプSがベースなので、インテリアはいたって質素。ただし、通常のプリウスにはレザーシートとともに装備されるシートヒーターが、プリウスPHVではファブリック地のシートに仕込まれているのだが、これもひいてはEV走行距離を伸ばすためだ。

EVは、エアコンのヒーターを使用するとガクッと航続可能距離が下がってしまう。そこで、シートヒーターにより直接身体を温めることで、乗員に不快な思いをさせることなく、航続距離を稼ぐのが狙いという。

実際、12V-80Wという省電力仕様のシートヒーターながら、エアコンのヒーターなしでも十分な暖かさを得ることができた。

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20