autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウス 試乗レポート/松田秀士 編

試乗レポート 2009/5/29 11:00

トヨタ プリウス 試乗レポート/松田秀士 編

関連: トヨタ プリウス Text: 松田 秀士 Photo: 原田淳
トヨタ プリウス 試乗レポート/松田秀士 編

現実的な燃費を知りたくてトライしてみた。混雑した市街地での燃費が良いのはシステム上からも容易に予想できるので、苦手とする高速燃費が排気量アップなどの恩恵でどれほど改善されているのかを探ることにした。グレードは最廉価バージョンのL、205万円。他にディーラーオプションのNAVIとETCがついているだけ。

また、スペアタイヤは搭載しておらず代わりにパンク修理キットを装備。つまり若干軽量なのだ。Lは標準装備NAVIのワイヤーハーネスを取り外し、ショックアブソーバー・ロッドを中空(Lのみ)にしてまで軽量化に傾注している。標準装備NAVIはナビ協調制御などクルマ本体との連携情報を表示するため、ケーブル類が重くなってしまいその重さは数kgになるという。通常ならNAVI本体のみを装備せずワイヤーハーネスはそのまま残すものだが、Lでは必要のないものは取り除いているのだ。

さて、Lのインテリアは確かにちょっと寂しい。でも、エコカーなんだからこれで十分。ただし、シートハイトアジャスターまで省かれていたのはどうだろうか? ドライビングポジションは安全のために最も重要。アクセルとブレーキの踏み違えによる事故などもほとんどがドラポジの問題だ。我々レーシングドライバーは、少しでもドラポジが合わないとそれこそ0.5秒刻みで遅くなってしまうものなのだ。

それでは走り始めよう。試乗会場は横浜みなとみらい。まず首都高に乗り東扇島までチェックを行いながら走行。到着後改めてトリップAをリセット。ここからエコモードでもパワーモードでもないノーマルモードで磯子まで走った。この区間にはベイブリッジの上り下りが存在する。磯子までの走行距離19km、速度はやや高めで、そして燃費は20km/L。そこで今度はトリップBをリセットして磯子からみなとみらいまでの帰路をエコモードボタンをONにして走る。みなとみらい市場会場到着時のトリップB走行距離は14.7km、速度は60km/h前後で燃費は25.9km。これはかなり良い数値だ。まず私はこのトライで全くエコ運転をしていないのだから。

さて、東扇島から磯子そしてみなとみらいまでの総合では走行距離34.8km、平均速度70km/h前後で、燃費は22.1km/Lだった。個人的にこの数値はターボディーゼルよりも少し良いのではないかと思う。ただし、ターボディーゼルの方がもっとパワフルに走るだろう。

最後に、205万円という割り切りはありだと思う。Lは185/65の15インチタイヤを履く。215/45 17インチタイヤを履くGツーリングセレクションと比べると、高速走行時の直進安定性とステアリングの落ち着きがまるで違う。ベイブリッジを走行中にLでは横風にあおられる場面もあった。ただし、時速80km/h前後で走ればそれほど不安でもない。軽量なLの性能内で走るなら相当なエコ運転ができそうだ。この割り切りは買いであると思う。

筆者: 松田 秀士

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27