autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウス 試乗レポート/金子浩久 編

試乗レポート 2009/5/27 09:30

トヨタ プリウス 試乗レポート/金子浩久 編

関連: トヨタ プリウス Text: 金子 浩久 Photo: 原田淳
トヨタ プリウス 試乗レポート/金子浩久 編
プリウスとツーショット

新型トヨタ・プリウスに乗り込んで、まず最初に気付くのは、メーターパネル内の情報表示がよく整理されて、見やすいことだ。カーナビ画面とメーターパネル内に別れていた旧型プリウスや、うまく整理され切れていないホンダ・インサイトとは大違い。ハイブリッドカーに何が必要で、何が大切なのか、 3代作り続けてきたノウハウの蓄積がある。

しかし、オーリス譲りの、宙に浮いたようなセンターコンソールがプリウスにも採用されているのは理解できない。使いにくい上に、空間を無駄にしている。おそらく参考にしたのであろうボルボ各車は、もっとうまく作られている。また、旧態依然とした価値観とセンスで設置されているシフトレバーの形状と位置に、必要性が感じられない。せっかくのハイブリッドカーの新しさが、台無しだ。小さなスイッチやボタンでも機能的に問題ないはずで、“新しさ”を演出できた上に、空間も確保できる。

走行シーン

走り出して感じるのは、乗り心地のタッチのキメが細かくなったことと、速度を上げた時の安定感も向上したこと。パワートレーンの余裕も生じ、静粛性も高まった。総じて、走りっぷりは向上し、重いバッテリーとモーターを積んでいることを忘れたかのように、軽快に走る。快適性も高まった。

だが、基本中の基本であるドライビングポジションに疑問を感じた。L、S、Gと3グレードあるうちの最廉価のLグレードに限った話だが、シート高が調整できない。個人差にもよるが、そのポジションは高過ぎで、ハンドルを調整しても、最後まで最適なポジションを定めることができなかった。ポジションが高いので、コーナリング時のロールも大きく感じられるから、このまま長距離を走り続けると疲労も増すはずだ。10・15モード38km/Lという値だけでLグレードに決めてしまわないで、必ず、SもしくはGグレードをシート高を調節して試乗してみる必要がある。

走行シーン

さらに、試乗時のチェックポイントとして、2分割されたリアウインドの見え具合を、ルームミラー越しに確認しておくといいだろう。エアスポイラーが後方視界、特に走行中の後続車を妨げてしまうことがある。個人差もあり、気にならない人もいるかもしれないが、購入後には改造や変更ができないから、よく確認しておくことを勧める。

短時間の試乗会では、実際的な燃費値まではテストできなかったが、新型プリウスはクルマとしての熟成が進んだことは確かだった。

筆者: 金子 浩久

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21