autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウスプロトタイプ 試乗レポート/松田秀士編 3ページ目

試乗レポート 2009/4/1 08:36

トヨタ プリウスプロトタイプ 試乗レポート/松田秀士編(3/3)

関連: トヨタ プリウス Text: 松田 秀士 Photo: トヨタ自動車株式会社
トヨタ プリウスプロトタイプ 試乗レポート/松田秀士編

これは“走れる”ハイブリッドカーだ

イメージ

エンジンが1.5L→1.8Lへと拡大され電気モーターを含めたシステムパワーは113ps→136psとなり2.4L車並みの動力性能を得ている。ダッシュボード上にあるパワーモードのボタンを押せば、加速重視のプログラミングに変化し、これまでのもっさりとした加速感とは一線を画する。このセレクトボタンには他にエコモードとEVドライブモードがある。エコモードでは空調制御を省エネ化し、アクセル操作に対する出力を抑えて省燃費を行う。したがって、このモードではやはりもっさりとした走りだ。

EVドライブモードはモーターだけで走行する静粛走行モード。現行型(35km/h)よりも速度が増し55km/hまで対応し、バッテリー残量さえ十分にあれば約2kmの距離を走れるのだ。

 ボディーの剛性感が高くサスペンションに締まり感があり、コーナーリングや危険回避時の急な動作に対しての動きは現行型よりも飛躍的に進化している。ショートサーキットでの試乗も含まれていたのだが、ロールが抑えられ気持ちの良いハンドリングだった。また、ブレーキのフィーリングもより自然なものになった。とはいえ、ハードブレーキングの後半には回生(発電)ブレーキが強く入るので、フットブレーキのフィーリングが自然になればなるほどにこの回生時の違和感がより大きく感じられるようになった。

正直なところ、現行型に対してネガティブな進化はほとんどないと思われる。試乗会場が富士スピードウエイの敷地内というシチュエーションもあり単純に評価できない。ただ、現行型よりも向上していることは確かだ。より質実剛健なモデルに進化したといえるだろう。

走行リアランプイメージタイヤ走行
筆者: 松田 秀士

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21