autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗記]新型プリウスは、VW ゴルフやメルセデス・ベンツ Cクラスと並ぶ「世界の定番名車」になった

試乗レポート 2016/1/28 13:23

[試乗記]新型プリウスは、VW ゴルフやメルセデス・ベンツ Cクラスと並ぶ「世界の定番名車」になった(1/5)

[試乗記]新型プリウスは、VW ゴルフやメルセデス・ベンツ Cクラスと並ぶ「世界の定番名車」になった

新型プリウスは、世界に誇れる1台になった!

トヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶトヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶ

新型プリウスに乗って最初に感じたことは、「トヨタを代表するモデルとして、世界に誇れる1台になった」ということ。

もちろん、先代モデルまでもプリウスは、ハイブリッドカーの先駆けとして世界で戦える1台ではあった。けれど実際に乗ると、どこか安普請なところがあったり、走りに物足りなさを感じたりと、細かな部分に悪い意味でのトヨタっぽさが垣間見られた。

しかし新型はそうしたことを全く感じさせず、思わず唸るほどの触感を備えていた。それはまるで、「VW ゴルフ」や「メルセデス・ベンツ Cクラス」などの世界の定番名車の新型モデルに初試乗したときと同様の感嘆でもあった。

要はそのくらい、新型プリウスは乗った瞬間から“出来の良さ”を伝えてきたのだ。

乗った瞬間からわかる「しっかり感」

トヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶ

一番印象的なのは、乗った瞬間からクルマがしっかりしているように感じること。まだ走らせてもいないのに、カッチリ感が伝わってくる。加えてシートに体がすぐに馴染んだことも意外だった。

よく優れたクルマを評する時に、“クルマを着る”という表現があるが、新型プリウスにはそうした感覚がわずかに感じられた。世界の名車と同じような感覚が、そこに感じられるようになってきたことを嬉しく思えた。

これは後に聞いた話だが、今回のプリウスはシートの製法を変更したという。これまでは成型されたウレタンをシート表皮で包んでいたが、今回はシート表皮にウレタンを注入して硬化させる一体成型を行ったのだという。

走り出した瞬間からわかる「完成度」

トヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶトヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶ

また驚きなのは、新たなパッケージとなって着座位置が59mmも下がったのに、それを感じなかったこと。全高も20mm低くなったが、逆に室内高は増しているからか、少なくとも前席へアクセスする際には低い位置に座る感じはしない。そしてこれらの要素が実際のフィーリングとして、良い印象を生んでいた。

そうしてパワーキーをオンにして走りだす。やはり乗り込んだ時と同じように、好印象が続く。クルマは走ってナンボというが、それこそタイヤのひと転がりである程度の印象をドライバーへと伝え、数十mでおおよその完成度を教えてくれる。そして日常の流れに乗れば、全体80%くらいは把握できる。

だから逆にいえば、低速でどう感じるかはとても重要なこと。世界の定番名車たちはここでの印象がすこぶる良い。そして新型プリウスもまた、タイヤのひと転がりから低速までの印象がかなり良いものだった。

しかもそれは、いわゆる日本のクルマとしてはなかなか実現できていない部分を手に入れていた、ということでもあった。

[良く出来た欧州のベーシックカーに通じる魅力とは・・・次ページへ続く]

トヨタ プリウス 関連ページ

トヨタ プリウスPHV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28