autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウスプロトタイプ 試乗レポート/岡本幸一郎編 2ページ目

試乗レポート 2009/3/27 11:03

トヨタ プリウスプロトタイプ 試乗レポート/岡本幸一郎編(2/2)

関連: トヨタ プリウス Text: 岡本 幸一郎 Photo: トヨタ自動車株式会社
トヨタ プリウスプロトタイプ 試乗レポート/岡本幸一郎編

まずはクローズドコースで試乗

プロトタイプの走りは、従来モデルに対し、あらゆる点が大きく洗練されていた。

動力性能は、やはり低速から力強く立ち上がり、シームレスに続く加速が印象的で、低~中速域のトルクの厚みが増している。排気量の拡大は、高速走行時のエンジン回転数を低くするのが狙いとのこと。燃費への影響も気になるところだが、高速や市街地を含めたトータルの実用燃費は上がっていると思っていいだろう。 後輪もディスク化されたブレーキのキャパシティも増しており、回生時の違和感も極めて小さくなっている。

ハンドリングは、欧州戦略を視野に開発されたオーリス系のプラットフォームが与えられたことで、操縦安定性は大きく向上した。直進性に優れ、ロールも起こりにくく、全体のスタビリティが明らかに向上している。約1.5トンに達する車重は、このクルマの宿命だろうが、その弱点を払拭しようと努めたことが伝わる味付け。従来あったバネ上の重い印象もずいぶん薄められている。 17インチ仕様でサーキットを走ると、スポーツセダンのごとく引き締まったフットワークを披露する。これなら積極的に走りを楽しむこともできる。

このように、従来のネガティブ要素の多くをカバーしていた新型プリウス。公道をドライブできる機会が楽しみだ。

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  • 1>(Qref="https://twitter.com/auto2/8971ン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!" width="45" src="http://fsv-static.autoc-one.jp/common2/images/common/sbm_icon.plphard /> オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! lphard /> オーtwitter.com/autocONE" class="twitter-follow-button" data-show-count="true" data-lphard n> data-show-screen-name="false" data-dnt="true">フォロー 1>(Qref="https://twitter.2699/2978/9779ン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!" width="45" src="http://fsv-static.autoc-one.jp/common2/images/common/sbm_icon.c-hr /> オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!c-hr n> C-HR
  • c-hr /> オーtwitter.com/autocONE" class="twitter-follow-button" data-show-count="true" datac-hr n> data-show-screen-name="false" data-dnt="true">フォロー