autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 発売間近だ!トヨタ新型「プリウス」プロトタイプ試乗でわかった良い点、悪い点【動画有り】

試乗レポート 2015/11/18 17:00

発売間近だ!トヨタ新型「プリウス」プロトタイプ試乗でわかった良い点、悪い点【動画有り】(1/2)

関連: トヨタ プリウス Text: 国沢 光宏 Photo: 茂呂幸正
発売間近だ!トヨタ新型「プリウス」プロトタイプ試乗でわかった良い点、悪い点【動画有り】

ナント!カタログ値だけでなく実用燃費でも20%向上

新型プリウスの走り

トヨタの新型「プリウス」プロトタイプの試乗会が行われた。気になっている人も多いと思うので早速レポートをお届けしたい。1台目は売れ筋になると思われる15インチ仕様。

Dレンジをセレクトしてアクセル踏むと、あらららら?従来型よりモーターがよく頑張ってます。現行の3代目だと普通にスタートしたらタイヤが3~5回転くらいでエンジン始動したのに、新型プリウスは20%くらいモーターだけで走行する距離長い。4~6回転といったイメージです。

新型プリウス

燃費を考えれば低速走行でエンジンより、効率の良いモーター走行モードは長めに取った方が良い。実際、エコランする場合、アクセルの踏み方を調整し普段より気持ちモーター走行状態を伸ばす。それと同じような制御を自動で行っているのだろう。

その他の変更点はハッキリ解らなかったが、開発担当者に聞いてみたら「JC08モードだけでなく実用燃費でも20%向上を目標とし、それを実現出来たと考えています」。

ナント!東京都内の渋滞で24km/L程度。流れの良い郊外路であれば28km/Lくらい走る計算。もちろんアクアやフィットHVといったコンパクトHVにも勝る!

クルマとしての仕上がりはモンク無し

新型プリウスの走り

現行の3代目プリウス最大の弱点である「乗り心地の悪さ」は徹底的に対策したそうな。今回良好な路面でしか試せなかったものの、なるほど先代よりずいぶん良くなった。乗り心地フェチの私でも「これなら十分満足出来ますね!」レベル。

ただ最近のクルマの多くで、プロトタイプと量販車の乗り心地が全く違うという状況が出ている。新型プリウスやいかに。

静粛性や質感はワンランク向上した感じ。エンジン始動時の騒音変化だけれど、少なかった3代目よりさらに下がった。2代目から乗り換えた人なら「スゴイ!」と思えるだろう。

エンジン以外から入ってくる(3代目は主としてリア回りからの騒音が大きい)騒音も全く気にならない。クルマとしての仕上がりはモンク無しと言って良かろう。

新型プリウス新型プリウス新型プリウス新型プリウス新型プリウス

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21