autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 昭和の香り漂う純和風セダン/トヨタ 新型「プレミオ」「アリオン」試乗レポート[2016年6月ビッグマイナーチェンジ] 4ページ目

試乗レポート 2016/7/7 15:05

昭和の香り漂う純和風セダン/トヨタ 新型「プレミオ」「アリオン」試乗レポート[2016年6月ビッグマイナーチェンジ](4/5)

昭和の香り漂う純和風セダン/トヨタ 新型「プレミオ」「アリオン」試乗レポート[2016年6月ビッグマイナーチェンジ]

基本的には従来型の踏襲だが、操舵感は改善されている

トヨタ 新型「プレミオ」「アリオン」試乗レポート[2016年6月ビッグマイナーチェンジ]/渡辺陽一郎トヨタ 新型「プレミオ」「アリオン」試乗レポート[2016年6月ビッグマイナーチェンジ]/渡辺陽一郎

新型 プレミオ&アリオンの操舵感は、設計の古い車種とあって切り始めの反応が曖昧だ。正確性に欠けるが、以前に比べれば少し向上した。ステアリングのシャフトを見直すなどの改善を加えている。

>>トヨタ 新型「プレミオ」「アリオン」画像ギャラリー

グレードによる差もある。

アリオン A18 ”G-plusパッケージ”は、切り始めは鈍いが、舵角が少し拡大すると車両の向きが変わりやすくなる。ただし操舵感が滑らかさに欠ける。タイヤは16インチ(195/55R16)で、銘柄はブリヂストン トランザER300であった。

プレミオ 1.5F ”EXパッケージ”のタイヤは、15インチ(185/65R15)で銘柄はグッドイヤーGT3。操舵感が常に鈍く、総じて曲がりにくいがクセは弱く抑えた。

少なくない法人需要を考えると、この仕上がり・パッケージにも必然性がある

トヨタ 新型「プレミオ」「アリオン」試乗レポート[2016年6月ビッグマイナーチェンジ]/渡辺陽一郎トヨタ 新型「プレミオ」「アリオン」試乗レポート[2016年6月ビッグマイナーチェンジ]/渡辺陽一郎

乗り心地は16インチタイヤ装着車に少し引き締まり感が伴い、15インチは柔軟だ。従って15インチを履いた1.5リッターモデルは、動力性能、操舵感、旋回性能、乗り心地とすべてにわたって鈍く、1.8リッターに比べるとバランスは取れている。

それでもプレミオ&アリオンの走行性能は古い。軽自動車/ミニバン/コンパクトカーが普及した今日、セダンの価値は、低重心で高剛性のボディが生み出す上質な運転感覚と乗り心地になったから、選ぶ価値が乏しくなった。

しかしそれを理由に一蹴することはできない。今では貴重な5ナンバーセダンで、居住性も優れ、外観もセダンらしく仕上げているからだ。

法人の需要もアリオンで30%、プレミオで20%を占めており、ビジネスのニーズを考えても安易に見捨てられない。Toyota Safety Sense Cとはいえ、緊急自動ブレーキが備わった今回のマイナーチェンジには、相応の価値があると思う。

トヨタ プレミオ 関連ページ

トヨタ アリオン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プレミオ の関連記事

トヨタ プレミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プレミオ の関連記事をもっと見る

トヨタ プレミオ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20