autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 “プチバン”ブームが到来!新型ポルテ・新型スペイド 新型車速報(2012年ポルテ フルモデルチェンジ)

新型車リリース速報 2012/7/23 23:27

“プチバン”ブームが到来!新型ポルテ・新型スペイド 新型車速報(2012年ポルテ フルモデルチェンジ)

“プチバン”ブームが到来!新型ポルテ・新型スペイド 新型車速報(2012年ポルテ フルモデルチェンジ)

2004年の発売から初のフルモデルチェンジを遂げる「ポルテ」

トヨタ 新型ポルテ 助手席側 大開口ワイヤレス電動スライドドアトヨタ 新型スペイド(新型スペード)フロントイメージトヨタ 新型ポルテ リアオーナメントトヨタ 新型スペイド(新型スペード)リアオーナメント

トヨタから“プチバン”「新型ポルテ」「新型スペイド」が発表された。

“プチバン”とは、スライドドアにミニバンのような広い室内スペースや使い勝手を持ち合わせたコンパクトカーや軽自動車のこと。

スライドドアを持つ人気車といえば、今、軽自動車で最も売れている「ホンダ N BOX」を筆頭として、「ホンダ フリード」「スズキ ソリオ」などの競合達がひしめく激戦区だ。

そんな中、トヨタは2004年から発売していたスライドドアを持つコンパクトカー「ポルテ」に初のフルモデルチェンジを施し、「新型スペイド」とともにプチバン市場に挑んできた。

なお、新型「スペイド」は新型ポルテのエクステリアをスタイリッシュにしたモデル(画像右上のホワイトカラーのモデル)で、フロントフェイスなど外観は異なるものの装備や内装などは新型ポルテと同じ仕様となっている。

ちなみに「スペイド」の名称は、“Space(空間)”と“Wide(広い)”を組み合わせた造語だ。

トヨタ 新型ポルテ リアイメージトヨタ 新型ポルテ フロントイメージトヨタ 新型ポルテ リアイメージトヨタ 新型ポルテ ヘッドライトトヨタ 新型ポルテ テールランプ
トヨタ 新型スペイド(新型スペード)サイドイメージ[電動スライドドア開]トヨタ 新型スペイド(新型スペード)サイドイメージ[スイングドア開]トヨタ 新型スペイド(新型スペード)フロントアップ1トヨタ 新型スペイド(新型スペード)ヘッドライトトヨタ 新型スペイド(新型スペード)テールランプ

“プチバン”ブームをトヨタはどう見る

トヨタ 新型ポルテ フロントベンチシート
トヨタ 新型ポルテ リアシートトヨタ 新型ポルテ ベビーカーの乗り入れ2

今回の新型ポルテ・新型スペイド発売のキーワードとなる“プチバン”について、 (株)トヨタマーケティングジャパン マーケティングプランナーの中田香織さんは、

「“プチ商品市場”をご存知でしょうか。最近良く耳にする“プチ”という言葉、例えばプチ家電・プチ旅行・プチギフトなど、機能はそのままに小型化された製品は、消費者のコストパフォーマンス意識の高まりから今、注目を集めています。

そして、クルマにおいても今、“プチバン”というカテゴリが注目を集めています。

コンパクトでありながら、スライドドアや広い室内といったミニバンの要素をもったコンパクトカーが“プチバン”とカテゴライズされ、ミニバンとコンパクトカーの使いやすさを併せ持った、高コストパフォーマンスなクルマとしての認識が確立されつつあります。 プチバンこそ今、世の中に求められるクルマであると思っています」

と、プチバンが今後の自動車市場における新たなジャンルとして確立・成長していくと力強く語った。

新型ポルテ/新型スペイドの大きな特徴は2つ

トヨタ 新型ポルテ ベビーカー乗り込みの実演2
トヨタ 新型ポルテ ベビーカー乗り込みの実演3トヨタ 新型ポルテ ベビーカー乗り込みの実演4

新型ポルテ/新型スペイドにおける大きな特徴は、「大開口スライドドア」と子供でも乗り降りが簡単な「低床フラットフロア」の2つ。

スライドドアの開口部は、幅が1,020mm・高さは1,250mmと広く、例えば買い物袋などで両手が塞がったままの乗り降りもスムーズに出来る。

また、フロア地上高は300mmという低さで子供でも楽々乗り込むことが可能で、乗り込んだ後のフロアも段差や溝が無いようなフラットな床にするなど、実に細かい配慮がなされている。

同発表会では、お母さんが赤ちゃんをベビーカーに乗せて買い物に行った時の状況が説明され、スライドドアの無いクルマでは、まず荷物を車内へ入れ、赤ちゃんをチャイルドシートに乗せ、ベビーカーを畳んで・・・と大変な作業となるが、新型ポルテなら「大開口」と「低床」により荷物をぶら下げたベビーカーごと車内へ乗り入れて、ドアを閉めて、ゆっくりと作業が出来る旨が実演された。

トヨタ 新型スペイド(新型スペード)オフロードバイク積み込みイメージ
トヨタ 新型ポルテ 運転席インパネ付近トヨタ 新型ポルテ 運転席アッパートレイ

さらに、プチバンでありながら室内の高さはアルファード/ヴェルファイア並で、リアには26インチの自転車も積めてしまうほどの広さや、豊富な小物入れにも注目したい。

運転席の前には、通常であればメーター類が備わっているが、それらはセンターへ配置。その代わりに、財布やサングラスなどを入れることのできる小物入れ、さらには好きな写真を飾ることができるポストカードホルダーも装備されているのが面白い。

これだけではない、助手席の目の前にはティッシュを配置して下から取り出せる開口部が備えられていたり、傘をそのまま差せるアンブレラホルダー、さらに左センターピラーに子供の身長が分かる目盛りが備えられているなど、まさに女性視点で作られたプチバンならではだ。

「手の届くところに荷物を置いておきたい」

「でも出しっぱなしはイヤ」

「車内はスッキリとさせておきたい」

新型ポルテ/新型スペイドの開発にあたり、こういった欲張りな声に応えた「チョコット収納」を、随所に用意しており、どの席に座ってもマイスペースを作ることが出来る。

トヨタ 新型ポルテ ポストカードホルダートヨタ 新型ポルテ 助手席アッパーボックストヨタ 新型ポルテ 助手席アッパーボックス下のティッシュ引き出し部トヨタ 新型ポルテ アンブレラホルダートヨタ 新型ポルテ 目盛りデザイン
トヨタ 新型ポルテ リアアップ
トヨタ 新型ポルテ 上から撮影トヨタ 新型ポルテ・新型スペイド

使い勝手以外にも、アクアと同じ寸法による取り回しのし易さや、20.6km/Lという燃費(1.5リッター・2WD・アイドリングストップ車)を実現した点も見逃せない。

トヨタが満を持して登場させた新型ポルテ。

ミニバンブームが去ろうとしている現状で、トヨタの究極のスライド2BOX「新型ポルテ/新型スペイド」は新たなジャンル“プチバン”ブームをさらに加速させることになるのか注目される。

<新型ポルテ・新型スペイド>

※ポルテ・スペイド共にグレード構成や価格は同じになります

※トランスミッションは全車「Super CVT-i」

(左から)グレード/排気量/駆動/燃費/価格(税込)

V/1.3L/2WD(FF)/18.4km/L/1,450,000円

X/1.3L/2WD(FF)/19.6km/L/1,550,000円

X/1.5L/2WD(FF)/19.0km/L(アイドリングストップ装着車は20.6km/L)/1,590,000円

X/1.5L/4WD/16.0km/L/1,770,000円

Y/1.5L/2WD(FF)/19.0km/L(アイドリングストップ装着車は20.6km/L)/1,640,000円

Y/1.5L/4WD/16.0km/L/1,810,000円

F/1.5L/2WD(FF)/19.0km/L(アイドリングストップ装着車は20.6km/L)/1,640,000円

F/1.5L/4WD/16.0km/L/1,810,000円

G/1.5L/2WD(FF)/19.0km/L(アイドリングストップ装着車は20.6km/L)/1,740,000円

G/1.5L/4WD/16.0km/L/1,910,000円

トヨタ ポルテ 関連ページ

トヨタ スペイド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ポルテ の関連記事

トヨタ ポルテの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ポルテ の関連記事をもっと見る

トヨタ ポルテ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27