autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ パッソ/ダイハツ ブーン 試乗レポート|藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2010/3/8 16:41

トヨタ パッソ/ダイハツ ブーン 試乗レポート|藤島知子(2/3)

関連: トヨタ パッソ , ダイハツ ブーン Text: 藤島 知子 Photo: オートックワン編集部
トヨタ パッソ/ダイハツ ブーン 試乗レポート|藤島知子

綺麗なカラーが揃ったエクステリアとセンスの良いインテリア

トヨタ パッソトヨタ パッソ

スタイリングについては、自然な感覚で向き合えるシンプルな造形になっている。外装色は落ち着きのあるキレイ目なカラーが用意されていて、「ソーダ」や「ベニ」、「カガミ」といった、女性にとって身近なキーワードをエクステリアカラーとして取り込むことで、ワクワクするような世界感が繰り広げられている。

インテリアは、ベースとなるブラウン系の樹脂パネルが素っ気なく映るが、左右を横切る特徴的なダッシュパネルは、生地を織り込んだかのような立体的なシボを用いて、ひと手間掛けられている印象を受ける。

オーディオの操作パネルは菓子箱に入ったチョコレートを連想させ、エアコンの吹き出し口を家庭用オーディオのスピーカーに見立てた洒落の効いたデザインだ。

こうして必要十分でシンプルな素材と、ちょっといいモノを巧みに組み合わせているあたりは、ファッションやインテリアをコーディネートするテクニックに通じるものがある。

また、シートは茶、オレンジ、黄色など複数の色が織り混ぜられることで表情を生み出していて、スカートとして履いてもカワイイと思えるほどセンスがいい。今まではゲンナリさせられるファブリックを目の当たりにしてきただけに、「よくやってくれた!」と思わず拍手を送りたくなってしまった。

トヨタ パッソに試乗する藤島知子さん

エンジンは1リッターと1.3リッターの2タイプを用意。1リッターエンジンには、タントやムーヴで定評がある軽自動車用のCVTを流用し、オイルポンプの油圧を2割程度アップさせたものが使われている。

なかでも最大のトピックはCVTが導入されたことだろう。

アクセルペダルは軽く踏み込むだけでスムーズにパワーを引き出してくれるが、3気筒エンジンはパンチがあって、実際の排気量以上にトルクが湧き上がるイメージ。

トヨタ パッソに試乗する藤島知子さん
トヨタ パッソに試乗する藤島知子さんトヨタ パッソに試乗する藤島知子さん

CVTの緻密な制御が1リッターエンジンと見事にマッチしていて、丹念にセッティングが煮詰められたと感じられるほど。CVTは吸音材付きの防音カバーが採用されていることで耳障りなノイズが低減されており、走行中の快適性も高かった。

また、13インチタイヤはスッとハンドルを切ったときも、タイヤの角を感じさせない滑らかな操縦性を発揮する。

いっぽう、新開発の1.3リッターエンジンは、アイシン製のCVTとの組み合わせ。アクセルを踏み込むと軽快にパワーを絞り出し、アクセルオフの状態でもエンジン回転の落ち込みが滑らかだ。まるで、ひとクラス上のクルマをドライブしているかのようなスムーズさが満喫できる。

1リッターでも十分な動力性能が得られているが、休日は高速道路を使ってロングドライブする使いかたなら、60km/h以上の高速域でもうひと伸びしてくれるぶん、気持ちにゆとりをもってドライブが満喫できる1.3リッターもオススメといえるだろう。

トヨタ パッソ 関連ページ

ダイハツ ブーン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ パッソ の関連記事

トヨタ パッソの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ パッソ の関連記事をもっと見る

トヨタ パッソ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24