autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】トヨタ 新型 パッソ[2014年4月マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2014/5/16 12:02

【試乗】トヨタ 新型 パッソ[2014年4月マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/4)

関連: トヨタ パッソ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
【試乗】トヨタ 新型 パッソ[2014年4月マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

パッソにとって、イマドキの軽自動車は手強い競争相手だ

トヨタ 新型 パッソ 1.0X・Lパッケージ[2WD/ボディカラー:アズキマイカ]

「これからはコンパクトカーも軽自動車と勝負せねばならない。今の軽自動車は商品力も優れ、とても手ごわい競争相手になっている。そこで新型 トヨタ パッソは、燃費性能を筆頭に、デザイン面まで含めて商品力を向上させた」と開発者は言う。

このコメントには納得できる。今では新車販売されるクルマの約40%が軽自動車になり、2014年4月の販売統計では45%に達した。クルマの売れ行きは頭打ちの状態だから、「小型&普通車から軽自動車へ」という代替えの流れが加速している。

特に今の軽自動車は背の高い車種が売れ筋で、主力グレードの価格帯も125~140万円と高い。1.0~1.3リッタークラスのコンパクトカーとほぼ同額だから、真っ向から勝負する間柄だ。

トヨタ 新型 パッソ 1.0X・Lパッケージ[2WD/ボディカラー:アズキマイカ]

そして開発者が指摘したように、今の軽自動車は商品力を高めた。「欲しいと思ったクルマが、たまたま軽自動車だった」というケースも多い。以前の軽自動車は、「税金や維持費の安いクルマが欲しい」というニーズに基づいて買われたが今は違う。車内は広く上質で、自動ブレーキを備えた衝突回避の支援機能も、低速域に限ったタイプではあるが安価で装着できる。

ハッキリいえば、今の小型&普通車は、軽自動車の進化に追い付けていない。「小型車と軽自動車では、勝負にならないでしょ」と呑気に構えていたら、どんどん実力を高めて国内販売の半数近くに至った。これが現実だ。

ミラージュを抜いて小型車No.1の低燃費記録27.6km/Lをマーク

トヨタ 新型 パッソ 1.0X・Lパッケージ[2WD/ボディカラー:アズキマイカ]トヨタ 新型 パッソ 1.0XG EUROPEAN PACKAGE(ヨーロピアンパッケージ)[2WD/ボディカラー:ルリマイカメタリック]

そこで「トヨタ パッソ」は2014年4月にマイナーチェンジを実施して、直列3気筒1.0リッターエンジンのJC08モード燃費を27.6km/Lに向上させた。「三菱 ミラージュ」の27.2km/Lを数値上では追い抜き、ハイブリッド車を除いた小型&普通車ではトップに立つ。

フロントマスクなどの外観も変更を受け、内装では、従来は「+ Hana(プラスハナ)」のみの設定だったフロントベンチシートを標準グレードにも設定した。開発者は「ベンチシートは男性のお客様を含め、意外なほど人気を高めた」と言う。

マイナーチェンジの概要は、2014年4月14日に掲載した「トヨタ新型パッソ(2014年4月マイナーチェンジ)新型車解説」をご覧いただくとして、今回は試乗記をお伝えしたい。

[次ページへ続く]

トヨタ パッソ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ パッソ の関連記事

トヨタ パッソの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ パッソ の関連記事をもっと見る

トヨタ パッソ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22