autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート-トヨタ ノア・ヴォクシー ユーザー試乗レビュー- 2ページ目

コンシューマレポート 2010/8/17 22:06

日本版コンシューマレポート-トヨタ ノア・ヴォクシー ユーザー試乗レビュー-(2/6)

日本版コンシューマレポート-トヨタ ノア・ヴォクシー ユーザー試乗レビュー-

イメージでは、当然ながら「ノア」と「ヴォクシー」が混在した。

数値の高い順から(大きさが)ちょうど良い「60.0%」、時代に合っている「43.3%」、家族的「43.3%」、 カッコいい「40.0%」、男向き「40.0%」、強そう「33.3%」、顔がデカイ「26.7%」、上質「23.3%」、庶民派「23.3%」、ワイルド「20.0%」、中性っぽい「20.0%」。

このように、ミニバンとしての実用的な使い勝手を意識したイメージが優先。反町隆志さんの「ヴォクシー=カッコいいパパカー」イメージは「購入動機への後押し」として効いている。

ボディのデザイン評価では、フロント「3.7点」、サイド「3.7点」、リア「3.7点」、ホイール「3.4点」、全体「3.8点」。「ノア・ヴォク」は、ミニバンの王道として「無難さ」が大事なのだ。

ノア G's(ジーズ)
ノア G's(ジーズ)ノア G's(ジーズ)

さて先日、山梨県河口湖で開催された「G's」試乗会に出向いた。ここで、「ノア・ヴォク」の意外な現実に直面した。

なんとそこには「エアロパーツフル装着+シャコ短(=車高が低い)ノア」がズラっと並んでいた。それらと同数、同様のアレンジを施した「ヴォクシー」もいた。

「G's」はトヨタの新スポーティブランド。モデリスタ、TRDなどトヨタ系のアフターパーツとは一線を画す。

「トヨタ本体での量産車並みの走りのチューニング」と、「ライン装着(=トヨタの車両組み立てラインで完全組み付け)」が「G's」のウリだ。

それにしても、ファミリー系のイメージが売りの「ノア」に、ここまでしなくても良いのではないか?ユーザーの多くが、そう考えるはずだ。

しかし、トヨタ側の意見はこうだった。

「すでに、G's仕様のノア、ヴォクシーの販売を開始しています。正直なところ、走りうんぬんより、まずは『見た目』でお客さんは食いついてくれています。現状(ノーマル状態)、ノアとヴォクシーの外観の差は小さい。

お客様としては、ホンダのステップワゴン スパーダのような、外観に大きな違いを求める方が増えています。そうした多様なリクエストの受け皿としても、G'sの存在が必要だと思っています」(G's 開発責任者)。

さらに同日、トヨタ関係者の数名と意見交換した結果、「ノア・ヴォク」のエクステリアについて、次のような流れが見えてきた。

(1)ステップワゴンの「大きさを主張した外観」、同スパーダの「外観の差別化」を強く意識している。

(2)フルモデルチェンジが近い「セレナ」が販売好調なのは、外観におけるインパクトの強さ、と認識している。近年中にフルモデルチェンジが予想されるセレナが、さらにインパクトの強い外観で登場。

さらに、同「ハイウェイスター」が、ステップワゴン スパーダのように、ノーマルと外観イメージが大きくなるはず、と予測。

(3)「ノア・ヴォクシー」は2007年に2世代目に移行。外観デザインは初代型のキープコンセプト。モデルライフは通常6年なので、次期型(第三世代)は2013年デビュー。これからあと3年弱「ステップワゴン」(現行車2009年デビュー)、新型「セレナ」(6年サイクルなら2011年登場)と戦わなければならない。

つまり、G's仕様はノア・ヴォクのいわば「マイナーチェンジ」の一部であり、ライバル車たちへの「威嚇(いかく)攻撃」なのだ。

トヨタ ノア 関連ページ

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ノア の関連記事

トヨタ ノアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ノア の関連記事をもっと見る

トヨタ ノア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21