autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 米ビジネスでも断然有利!日本勢が完全にリードする燃料電池車(FCV)が社会に必要なワケ 2ページ目

自動車評論家コラム 2015/12/11 18:02

米ビジネスでも断然有利!日本勢が完全にリードする燃料電池車(FCV)が社会に必要なワケ(2/3)

米ビジネスでも断然有利!日本勢が完全にリードする燃料電池車(FCV)が社会に必要なワケ

カルフォルニア州は今後どのような戦略をとっていくのか

ポルシェ カイエンS E-ハイブリッド

当面のゴールは2050年に州内を走る車の87%をZEVにすることだ。残り13%は先進的な内燃エンジン( Internal Combustion Engine=ICE)とコンベンショナルなハイブリッド(Hybrid Electric Vehicle=HEV)とプラグインハイブリッド(Plug-in Hybrid Electric Vehicle=PHEV)になる。

この目的を達成するには2040年には市販するクルマのほぼ100%がZEV車でなければならない。

また、87%のZEVのうち、半分強がFCV、残り3分の2がBEV、わずかな比率でPHEVだとする。ここからバックキャスティングで考えると、2025年までに新車販売台数の約15.4%をZEVやPHEVにしなければならない。

カリフォルニア州が2018年以降のZEV法の義務要件を厳しくしたのはこのためだ。

ZEV法がユニークなのはトラベル条項(Travel Provision)を設けている点だ。これはZEV法に同調する州のZEV台数を、カリフォルニア州のZEVとして加算できるというもの。

フォルクスワーゲン ゴルフ ハイモーションアウディ「A7 Sportback h-tron quattro」

今のところ、西海岸のオレゴン州とニューヨーク州など合計11の州がZEVを推進している。2018年以降、航続距離100マイル以下のBEVにはこのトラベル条項が適用されず、クレジットも1.5ポイントになるが、350マイル以上の航続距離のFCVには条項が適用され、クレジットは4ポイント与えられる。

つまり、BEVよりもFCVに政府のインセンティブがしっかりと用意されているのだ。トヨタやGMのロビーイングが功を奏したのか、BEVは先進的な技術ではないと判断されている。テスラにとっては大きな脅威だろう。

また、2017年までの政策ではPHEVなどもZEVクレジットを取得できたが、2018年からはPHEVが対象外となった。これには欧州メーカーは驚いたはずだ。ZEVのためにPHEVを推進してきたのだが、そうはいかなくなった。

昨年のLAショーでVW/アウディが本気でFCVを発表し、今年のジュネーブショーでもモジュール式生産方式のFCVを開発すると発表した。

その裏にあるのが2018年以降のZEV法だ。PHEVの効果がなくなると、BEVとFCVしかクレジットを取得できなくなる。欧州勢はピンチなのだ。

トヨタ MIRAI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ MIRAI の関連記事

トヨタ MIRAIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ MIRAI の関連記事をもっと見る

トヨタ MIRAI の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27