autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ MIRAI(ミライ)公道試乗レポート/国沢光宏 2ページ目

試乗レポート 2015/4/14 19:51

トヨタ MIRAI(ミライ)公道試乗レポート/国沢光宏(2/2)

関連: トヨタ MIRAI Text: 国沢 光宏 Photo: 茂呂幸正
トヨタ MIRAI(ミライ)公道試乗レポート/国沢光宏

電気自動車とはひと味違う!

アクセルを踏むと発電能力に見合った空気と水素を送り込むべく電動ファンが回る。したがってアクセルの踏み量によって電動ファンの回転速度が変わっていくワケ。

アクセル全開にするとファンも「ぶわ~っ!」と音を立てて全開。といった点からすれば、アクセル踏んでも全く音の変わらない電気自動車とはひと味違う。

ちなみにウルサイかと聞かれれば「そんなことありません」。エンジン音より圧倒的に静か。電気自動車のように無音かと聞かれたら「音はします」と答えるレベル。

また、アクセルレスポンスも良好。電気自動車に気持ち負けている程度。ハイブリッド車を含むどんなガソリンエンジン車よりもアクセルに対する反応は素早い。

絶対的な加速性能だけれど、リーフに乗ったことのある人なら「リーフより10%くらい加速が良い」と言えば解って頂けると思う。ガソリンエンジン車と加速感が違うため上手に表現できないが、「MIRAI(ミライ)」でアクセル全開にして「遅い!」と評価する人は超少数派だと考える。

皆さん「速いね!」かと。最高速は180km/hとのこと。

走行中は徹底的に静か。遠くで「ブーン」とファンが回っている音くらい。それもオーディオを鳴らしていれば聞こえず。ハンドリングや乗り心地は、「実に素晴らしい!」。

限界ハンドリングをテストコースで試したら、これまた電気自動車の如く低重心で前後の荷重配分も適度。そこらのスポーティカーよりも気持ちの良いハンドリングを持つ。

いずれにしろ、私は価格を発表する前に仮予約を入れた。少なくとも東京のトヨペット店で最初のユーザーだという。とっくに50万円の内金も払っている。先日ディーラーから連絡あり、5月中旬~下旬に納車出来そうとのこと。

納車されたらまた、ジックリと試乗レポートをお届けしたいと思う。

トヨタ MIRAI(ミライ)主要諸元

■車両型式・重量・性能

車両型式

ZBA-JPD10-CEDSS

車両重量

1,850【kg】

車両総重量

2,070【kg】

最小回転半径

5.7【m】

最高速度

175【km/h】

■FCスタック

型式

FCA110

種類

固体高分子形

個数

370

接続方式

直列

最高出力

114(155)【kW(PS)】

■燃料・タンク

燃料種類

圧縮水素

本数

2本

タンク内容量

122.4(前方60.0/後方62.4)【L】

公称使用圧力

70【MPa】

■モーター

型式

4JM

種類

交流同期電動機(永久磁石式同期型モーター)

最高出力

113(154)【kW(PS)】

最大トルク

335(34.2)【N・m(kgf・m)】

■駆動用バッテリー

種類

ニッケル水素電池

個数

34

接続方式

直列

容量

6.5【Ah】

■寸法・定員

全長×全幅×全高

4,890×1,815×1,535 【mm】

ホイールベース

2,780【mm】

トレッド F/R

1,535/1,545【mm】

最低地上高

130【mm】

室内長×室内幅×室内高

2,040×1,465×1,185【mm】

乗車定員

4【名】

■走行装置

ステアリング

ラック&ピニオン

サスペンション

ストラット式コイルスプリング【F】

トーションビーム式コイルスプリング【R】

ブレーキ

ベンチレーテッドディスク/ディスク【F/R】

作動方式

油圧・回生ブレーキ協調式

■駆動方式

駆動方式

前輪駆動方式

減速比

3.478

筆者: 国沢 光宏

トヨタ MIRAI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ MIRAI の関連記事

トヨタ MIRAIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ MIRAI の関連記事をもっと見る

トヨタ MIRAI の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27