autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 トヨタ、新型燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」発表会レポート ~水素で走る究極のエコカー~

新型車リリース速報 2014/11/18 19:36

トヨタ、新型燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」発表会レポート ~水素で走る究極のエコカー~

トヨタ、新型燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」発表会レポート ~水素で走る究極のエコカー~

トヨタから燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」が発表された。

燃料電池自動車(FCV)は水素と酸素を化学反応させて発生した電気で走行することができ、走行中に排出されるのは水のみという究極のエコカーである。

昨日、ホンダからFCVコンセプトカーの「HONDA FCV Concept」が世界初公開され、同車を元にした新型FCVを市販することを前提に開発が進められているということだが、ここへきて燃料電池自動車関連の動向が活発になってきた。

関連記事:水素社会の幕開けにホンダも「負けるもんか」!~ホンダが市販前提の燃料電池車「FCVコンセプト」発表~

トヨタ 新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」トヨタ 新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」トヨタ 新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」トヨタ 新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」トヨタ 新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」

将来の有力なエネルギーとして期待されている水素

水素は水の電気分解やさまざまな原料から作りだすことができるので、資源の少ない日本でも容易に作ることができ、将来の有力なエネルギーとして期待されている。前述のように、走行時に排出されるのは水のみで、二酸化炭素の排出量はゼロ、また貯蔵・運搬も可能という点でも”使い勝手が良い”エネルギーになりうるというわけだ。

トヨタ 新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」

トヨタが開発した「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」は、フロントグリルから取り込まれた空気(酸素)と高圧水素タンクに貯蔵されている水素がFCスタック(燃料電池)内で化学反応を起こして電気が発生、その電気が駆動用モーターに送電され、車が走るという仕組み。トヨタがこれまで培ってきたハイブリッド技術と燃料電池技術と融合させ、パワフルで高効率な走行を実現した。

「MIRAI(ミライ)」の水素満充填時の航続距離が約650km、1回の充填にかかる時間が約3分と、ガソリン車と同等のレベルで使用・走行することができる。

また、「MIRAI(ミライ)」は大容量給電システムを備えており、外部給電器を接続することで最大9kWの電力供給が可能となる。災害時などに家庭や避難所などで「MIRAI」を発電機として、大容量の電力を供給することができるという使い方もできる。

ただし、肝心の水素ステーション