autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 トヨタ マークXジオ 新車発表会速報

新型車リリース速報 2007/9/26 14:59

トヨタ マークXジオ 新車発表会速報

トヨタ マークXジオ 新車発表会速報

トヨタが想像した新型自由サルーン登場

インパネ

マーク・ブランドに初のミニバンスタイルのキャビンが誕生した。トヨタは26日、セダン、ミニバン、ワゴンと、3つのフリースタイルサルーンを有する新型車“マークXジオ”を発表した。日本セダンの代表格でもあり、自動車市場を常に沸かせてきたマークⅡ/マークX・ブランドの最新バージョンとして投入されたクルマである。ちなみに“Zio”とは、「Zoon in one」の頭文字を取り、“さまざまな空間をひとつに凝縮”の意味が込められている。

マークXジオは、新たな大人のライフステージに上質な感性のアクセントを加えようとする創造から誕生した、独立4座+カーゴスペースの自由アレンジが可能な、まったく新しい4+Freeという新スタイルがウリだ。

エクステリアは優雅な丸みを帯びた伸びやかなシルエットと、特徴的なフェンダーRと直線を繋げたサイドキャラクターラインが目を引く。個性的な押し出し感の強いフロントマスクとスッキリとしたリヤビューも印象的だ。 インテリアは“自由空間”というだけあり、4名乗車時には、デュアルトノボードでラゲージと居住空間を仕切りって「セダンモード」に。6名乗車時には、ラゲージ下部に格納されている3列目シートを起こして「ミニバンモード」に。さらには、デュアルトノボードとトノカバーをは外して「ワゴンモード」にと、多彩な室内アレンジで色々な状況に応じてくれるのが魅力だ。

エンジンはマークXからのDNAをしっかりと受け継いでおり、強靭なトルク感を得られるV6 3.5Lと、最高出力120kw(163ps)6,000、最大トルク222N・m(22.6kg・m)4,000の直4 2.4L(VVT-i)の2種類を設定。全車にヒルスタートアシストを標準装備し、4WD全車にはS-VSC+アクティブトルクコントロール4WD協調制御を採用している。 安全装備も充実しており、プリクラッシュセーフティシステムや、レーダークルーズコントロール、そしてインテリジェントAFSやインテリジェントパーキングアシストと言った、高度な先進技術が装備されている。

このパッケージング内容で、エントリーモデルは2,560,000円(240 2WD)、上は3,330,000円(350G)というプライスラインナップはお買い得と言える。しかしこの新型パッケージをマーク・ブランド内で展開することが、どれだけ支持層を呼び込めるのか。トヨタは月販台数4,000台を目標とし、またで3ヵ月間で20,000台にもチャレンジしたいと話している。

大いなる新しい自由空間を提唱した新型車“マークXジオ”。未知なる快適空間は、要“マーク”である。

エンジンサードシードサードシート格納時リアフェイスサイドミラー&カメラ

トヨタ マークXジオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークXジオ の関連記事

トヨタ マークXジオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 低重心ミニバン3列シート車 徹底比較

    3台比較

    低重心ミニバン3列シート車 徹底比較

    「マークXジオ」とネーミングされた新型車が登場した。このモデルは、2005年の東京モーターショーに出展された「FSC」のコンセプトをそのまま....

  • トヨタ マークXジオ 試乗レポート

    試乗レポート

    トヨタ マークXジオ 試乗レポート

    “新・大人関係”4+Freeという提案子育ても終わり自らのために割ける時間も増えたので、アルファードやエスティマのような大きなミニバンはもう....

  • トヨタ マークXジオ 新車発表会速報

    新型車リリース速報

    トヨタ マークXジオ 新車発表会速報

    トヨタが想像した新型自由サルーン登場 マーク・ブランドに初のミニバンスタイルのキャビンが誕生した。トヨタは26日、セダン、ミニバン、ワゴンと....

トヨタ マークXジオ の関連記事をもっと見る

トヨタ マークXジオ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22