autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ マークX 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2009/11/18 17:00

トヨタ マークX 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: トヨタ マークX Text: 岡本 幸一郎 Photo: 原田淳
トヨタ マークX 試乗レポート/岡本幸一郎

2.5リッターV6でも不満を感じない十分な走り

エクステリアは、3眼のヘッドライトは初代よりも強調され、さらにはリアコンビランプもフロントに合わせたデザインとした。キャラクターラインやボディパネルの面質なども躍動的で新しい感覚がある。サイドビューもスタイリッシュで、今ではスペース確保のため猫背っぽい形のセダンが増えているが、マークXのそれは、伸びやかなラインを描いているところも好感を持った。

初代が出たとき、奇抜なデザインが年配者に受け入れられないのではと感じたものだが、それほどでもなかったようだし、そのテイストをより現代的にアレンジした2代目は、新しさがありながらも、むしろ普遍性の割合も増して、より日本的になったようにも感じられる。

広がり感とドライビングプレジャーの両立を目指したというインテリアは、グッと高まったクオリティ感が好印象。もう「プアマンズ・クラウン」なんて呼ばせない。円筒形状のオプティトロンメーターなど、新しい試みも興味深い。色調や素材など、3タイプそれぞれ個性が表現されているが、個人的にはブラック基調のスポーツタイプが気に入った。

エンジンは、2.5リッターと3.5リッターのV6という2種類で、全車にスーパーインテリジェント6速ATが組み合わされ、スポーツタイプにはパドルシフトも付く。2.5リッターには4WD車も用意されるのは従来と同じ。2.5リッターの4GR型は直噴仕様で、レギュラー仕様とされたのがポイントだ。

3リッターの3GR型に代えて設定された3.5リッターの2GR型は、すでにレクサス各車やクラウンにも採用されている、例の直噴+ポート噴射のエンジン。

両者の差は、さすがに1リッターも違えば、上り勾配や中間加速ではそれなりに大きいが、販売比率が圧倒的に上になるであろう2.5リッターでも不満は感じない。ただし、より上の境地を味わいたければ、3.5リッターを選んでおけば、それなりに感じるものはあるということだ。

トヨタ マークX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークX の関連記事

トヨタ マークXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ マークX の関連記事をもっと見る

トヨタ マークX の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26