autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 30年叶わぬトヨタの夢「ル・マン24制覇」WEC年間チャンピオンよりも手に入れたい称号

新型車リリース速報 2016/5/20 17:16

30年叶わぬトヨタの夢「ル・マン24制覇」WEC年間チャンピオンよりも手に入れたい称号

関連: トヨタ Text:
30年叶わぬトヨタの夢「ル・マン24制覇」WEC年間チャンピオンよりも手に入れたい称号

世界3大レースと言えば「F1 モナコGP」、「インディカーシリーズ インディ500」、そしてFIA 世界耐久選手権(WEC)「ル・マン24時間」だが、トヨタはその内の1つである「ル・マン24時間レース」に1985年の初参戦から17回にわたって参戦し、4度の2位(1992年、1994年、1999年、2013年)を獲得している。2014年には、中嶋一貴選手がル・マンの予選で日本人初となるポールポジション獲得し、ルマン初制覇が期待されたが結果は3位に終わっている。

アウディ/2014年 ル・マン24優勝
レーシングハイブリッド・プロジェクトリーダーの村田久武氏

5月20日、TOYOTA GAZOO Racing WECメディア説明会が行われ、トヨタのレーシングハイブリッド・プロジェクトリーダーの村田久武氏は言う「年間チャンピオンよりも、ル・マンのタイトルを獲りたい」と。

1年間世界を転戦とし、勝利を多く掴んだものが得られる称号「年間チャンピオン」よりも価値のある「ル・マン24時間レース」とは一体何なのか?トヨタだけではない。ル・マンに参戦する大の大人たちが目を輝かせ、 “あの”表彰台に上がることを夢見る。

ル・マンで勝利することが「一流企業の仲間入りを果たす」ことだと村田氏は語っていた。

 

新型「TS050 HYBRID」

TS050 HYBRID/(2016)WEC 開幕戦 シルバーストーン6時間レース

今季投入された新型「TS050 HYBRID」には、2.4リッターのV型6気筒直噴ツインターボガソリンエンジンと8MJへと性能アップしたハイブリッド・システムの組み合わせが採用された。昨年まで使用していたスーパーキャパシタからハイパワー型リチウムイオンへの変更は、8MJへの対応を機に、ここ数年の顕著な技術の進化を反映したものである。

新型「TS050 HYBRID」は、ル・マンのコースレイアウトに特化して開発された。村田氏は「2015年の4月から5月(最終的に決めたのはル・マンの頃)に来年すべてのコンポーネントを一新すると決めた。エンジンとリチウムイオンに関しても10ヶ月くらいで開発した」と、超短期間で新型マシンを仕上げたことを明らかにした。

その一方で、新型「TS050 HYBRID」に搭載されたリチウムイオンバッテリーに関して、かなりの自信を持っている。村田氏は「このリチウムイオンバッテリーは、市販車に持って行ったらわくわくするものです。 ル・マンで勝ちたい。そしてその先にあるのが“夢のレーシングハイブリッドカー”をできるだけ早く市販化すること。これが我々のゴールである」と力説。

プリウスと新型TS050 HYBRID

これまでのTS040 HYBRIDの技術は、既に現行市販車に反映されてきた。最近のレースは、スピードが速くなるというよりは、燃費(熱効率)が良くなっているそうで、まさに市販車に搭載するハイブリッド技術の先行開発をレースで行っていることになる。

もともとトヨタのレース活動の本来の意義は「世界との競争の中で、技術活動を促進し、自動車の進歩進化に寄与すること。」ル・マンを制覇すれば村田氏が語っていた “夢のレーシングハイブリッドカー”の市販化へ大きく前進するだろう。トヨタの挑戦は終わらない。

「TS050 HYBRID」の詳細はこちら:トヨタ、ル・マン参戦の新型マシン「TS050 HYBRID」を公開!

▼2016年シーズン、トヨタの実力は?

開幕戦 シルバーストーン

トヨタ/(2016)WEC 開幕戦 シルバーストーン6時間レース
TS050 HYBRID/(2016)WEC 第2戦 スパ・フランコルシャン6時間レース中島一貴選手と小林可夢偉選手

4月17日、WECが開幕戦 シルバーストーン6時間レースが行われ、小林可夢偉選手とステファン・サラザン選手、マイク・コンウェイ選手が駆るTS050 HYBRID #6号車が3位でゴールしたのち、上位車両の失格により2位となった。一方で、中嶋一貴選手、アンソニー・デビッドソン選手、セバスチャン・ブエミ選手の#5号車は、タイヤのパンクにより車両後部にダメージを負い16位に終わった。

デビュー戦からいきなり表彰台を獲得した可夢偉選手の印象について村田氏は、「一貴は冷戦沈着で可夢偉君は奔放のような外見をしているが、レース後のブリーフィングでは、可夢偉君くんの分析はエンジニアにとって非常にわかりやすいんです」と見た目とのギャップに驚いたという。

そして一貴選手は「一貴どっちかと言うと、レースコンディションが厳しい状況に置かれていても、意に介さずたんたんとコンスタントなタイムを出してくれる」とこちらも好印象のようで、「2人のキャラクターは開発において戦力になっています」と付け加えた。

チームから絶大な信頼を与えられたドライバー2人はトヨタにとって大きな戦力となるだろう。

関連記事:TOYOTA GAZOO Racing、WEC開幕戦シルバーストーン6時間レースでシリーズ初参戦の小林可夢偉が2位

第2戦 スパ・フランコルシャン

TS050 HYBRID/(2016)WEC 第2戦 スパ・フランコルシャン6時間レース

5月7日にベルギーで行われた「第2戦 スパ・フランコルシャン」優勝を目前にしていたトヨタだったが、2台のTS050 HYBRIDは共にエンジントラブルに見舞われ、レースからの脱落を余儀なくされてしまった。

この2台のリタイヤに関して村田氏は、 「オー・ルージュの壁に跳ね返された。エンジンが折れた。」とコメント。 急な登り坂を壁と表現したが、実際にトヨタにとって大きな壁となって襲い掛かったのだ。

しかし、トラブルに見舞われるまで#5号車は2位に1分以上の大差をつけて首位を快走していた。#6号車もレース序盤に見舞われたアクシデントの修復により周回遅れになりながらも3位を走行と、大幅にパフォーマンスが向上したことを証明する走りを見せていた。

関連記事:【WEC第2戦 スパ・フランコルシャン】トヨタ、首位独走するも2台共にエンジントラブルで表彰台逃す

第3戦 ル・マン24時間

トヨタ/WEC ル・マン24時間

6月18日(土)と19日(日)に行われる『ル・マン24時間レース』。25万人ものファンが集まる、世界で最も有名な耐久レースは、今年で84回目を数える。レースを前に、6月5日(日)にレースの舞台となる公道も使用されるサルト・サーキットで公式練習走行が行われる。

トヨタでは、J SPORTSの協力を経て、LINE LIVEにおいて、6月18日のスタートの様子を生中継で配信し、後のレースについては2時間おきにダイジェストで放送する予定とのこと。レースを知らない人にも気軽に見てほしいという思いからスマホアプリでの放送に至った。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24