autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ ist 試乗レポート

試乗レポート 2007/8/21 10:34

トヨタ ist 試乗レポート

関連: トヨタ ist Text: 竹岡 圭 Photo: 原田淳
トヨタ ist 試乗レポート

見た目だけではない、コンパクトカーを超える基本性能

ヴィッツ兄弟のひとつとしてデビューした先代イスト。ベーシックコンパクトカーのヴィッツよりもちょっと上級装備で、そして個性を打ち出しやすいSUV風ルックスをまとってデビューした。ようはプレミアムコンパクトカーという立場が強かったと言っていい。ターゲットユーザーも目論みとしては、オシャレに敏感で自立している都会の女性であった。

さて2代目になり、パッと見はずいぶんとSUV色が増したという感じを受ける。こちらもひと回り大きくなってしまったRAV4の代役かと思ったほどだ。それプラス、先代も北米でサイオンXDという名前で販売されていたし、今回もサイオンXDという名前で(1.8LのATと5MTのみ)この8月から販売されているので、大きめのクルマを欲しがる北米ニーズに則ってサイズアップしたSUV色を強めたものになったのかな?と思っていたが、実はそうではないらしい。2BOXとSUVのクロスオーバーを狙って16インチタイヤを履かせたためにサイズアップしたというのが実情ということなのだ。

あえて車名を踏襲したのは、個性的、スタイル重視、先進的というのが、初代イストのコンセプトと同じだからということなのである。しかし見た目だけではなく、クルマの基本性能的にもきちんとコンパクトカーを超えるものとなっているのだ。

普通のコンパクトカーには飽き足らないユーザーにはピッタリ

全長3930×全幅1725×全高1525(mm)というのがイストのボディサイズである。日本で言うところの5ナンバーサイズの枠を超えた、少々大きめモデルとなったのだ。しかし初代のエアロ装着モデルからは5mmしか大きくなっていない。ノーマルの先代モデルからも全長75mm、全幅50mm。全高に至っては、真ん中を落としたルーフデザインにより、実は5mmほど低くなっているのだ。

しかし16インチタイヤを履かせるために、ベースのヴィッツよりも15mmずつトレッドアウトした外へ張り出したフェンダーにより、下半身がドッシリした逞しいSUVテイストのラインのおかげで、ガッチリした大きなクルマに見えるのである。逆にベルトラインより上は、空力を意識したギュッと絞ったデザインになっているのが特徴的なのだ。

そのため室内は開放感があるというほどではないが、大人4名が十分に座れるスペースは確保されている。特に後席の膝周りは、ドアの内側がえぐられていることもあって広々としている。また外観に合わせてインテリアもユニークで、特にメーターとメータークラスターはヨーロッパのデザイナーが担当したかなり斬新なものが採用されている。普通のコンパクトカーには飽き足らないユーザーにはピッタリだ。

安定感が高く、ハンドリングもキビキビ

シートリフター、テレスコピックステアリングも装備されているので、ドライビングポジションはバッチリ決まるが、キャビンをギュッと絞ったデザインのため、視認性はまぁ満足といったところだ。シートのサイズは私の体格でピッタリという感じなので、北米男性には少々小さく感じるかもしれない。しかしこのシート、外から見ると全高は低めに見えるが、実際に座るとアイポイントが高くSUVっぽい感覚をもたらしてくれるのだ。

ところが、実際のクルマの動きはSUVっぽくないのである。感覚的な全高よりもロールが抑えられているので安定感が高く、ハンドリングもキビキビと元気いっぱいなクルマなのである。見た目からは1.5Lモデルだと重くて走らなそうな印象を受けるが、まったくそんなことはなく街乗り+αなら十分である。乗り心地も快適でなかなかバランスが取れているのだ。

逆に1.8Lモデルは少々固められた足回りのせいか路面によってはゴツゴツ感と若干跳ねる傾向がある。乗り心地的には1.5Lのほうがラグジュアリーだろう。しかし余裕のあるエンジンパワーとATとの組み合わせで出足もスムーズ。全体的なゆとり感が違うので、ちょっとリッチなテイストが楽しむらならばこちらだろう。

コンパクトカーを凌駕したいという意気込み

イストには4WDモデルもラインアップされているが、この4WDがちょっと凝っているのだ。一般的にコンパクトカーの4WDモデルというと、ビスカスカップリング等のスタンバイ4WDが採用されることが多いのだが、イストの4WDシステムはRAV4と同じアクティブトルクコントロール4WDシステムが奢られているのである。ABSの車輪速センサーを使って路面によって0~50%までリアに力を配分してくれるタイプなのである。しかもこの4WDのラインアップは、今のところ日本だけなのだ。この辺りにも先進的なスタイルだけで終わりたくないという、クルマの基本性能的にコンパクトカーを凌駕したいという意気込みが感じられるのである。

また、シートアレンジにも新しいモノが採用されているのもポイントのひとつだ。後席の背もたれの調整ノブと、前後のスライドノブが、シートの肩付近に並んで付いているので、アレンジが非常にわかりやすくカンタンで操作しやすいのである。前席を1番前まで出してから操作すると、チルトダウンする感じでフルフラットなスペースが作り出せるというシステムは、限られたコンパクトカーというスペースの中ではかなり工夫されたパッケージングと言える(4WDは通常のダブルフォールディングタイプ)。使い勝手の面でも一般的なコンパクトカーを超えているということなのだろう。

あとは日本でも北米でも普通のコンパクトカーでは飽き足らなくなっている30代男性の心にどれくらい響くかが、ヒットの鍵になりそうだ。

筆者: 竹岡 圭

トヨタ ist 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ist の関連記事

トヨタ istの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 竹岡圭のドライブvol.43 紅葉×味覚×芸術 秋を大満喫の旅

    ドライブ

    竹岡圭のドライブvol.43 紅葉×味覚×芸術 秋を大満喫の旅

    istは個性を表現したコンパクトカー2代目になりひと回り大きくなって、よりSUV色が増したナァというイスト。先代は都会派女性がターゲットだっ....

  • 国産個性的コンパクトカー 徹底比較

    3台比較

    国産個性的コンパクトカー 徹底比較

    イストがフルモデルチェンジして2代目に移行し、初代よりもグッと個性的なクルマに変身した。従来のコンセプトを受け継ぎつつ、ボディサイズが大きく....

  • トヨタ ist 試乗レポート

    試乗レポート

    トヨタ ist 試乗レポート

    見た目だけではない、コンパクトカーを超える基本性能ヴィッツ兄弟のひとつとしてデビューした先代イスト。ベーシックコンパクトカーのヴィッツよりも....

トヨタ ist の関連記事をもっと見る

トヨタ ist の関連ニュース

  • トヨタ、イストを一部改良し発売

    自動車ニュース

    トヨタ、イストを一部改良し発売

    トヨタは、イストを一部改良し6月1日より発売した。今回の一部改良では、リヤ中央席に3点式シートベルトおよびヘッドレストを設定したほか、優れた....

  • トヨタ、イストに新色設定など一部改良

    自動車ニュース

    トヨタ、イストに新色設定など一部改良

    トヨタは、イストを一部改良し全国のネッツ店を通じ8月29日より発売すると発表した。今回の改良では、外板色にブロンズマイカメタリックを新たに設....

  • トヨタ、イストを一部改良

    自動車ニュース

    トヨタ、イストを一部改良

    トヨタは、イストを一部改良し、全国のネッツ店を通じて、8月3日より発売した。今回の改良では、バンパー下端の素地部をボディカラーと同色にしたフ....

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24