autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ アイシス 新型車解説 4ページ目

新型車解説 2004/9/1 13:19

トヨタ アイシス 新型車解説(4/6)

トヨタ アイシス 新型車解説

2mを超える室内長ときめ細かいパッケージング方法

インパネ前端からリヤシートバック後端まで2080mmとかなり長く設定されているのが特徴。リヤシートのニールームも1mを超える長さが用意されていて、たっぷりとした余裕のある室内を実現している。

さらにサイドシル断面を短く設計することによって、背の高いSUVでは実現しづらい良好な乗降性を確保。また、ドアがサイドシルを包み込むようになっているため、泥などの汚れがサイドシルに付きづらく、スカートの裾などを汚すことなく乗り込めるようにもしている。

ヒップポイントはSUVとしては低めの430mmに設定。ここでも乗降性を向上するとともに、アイポイントを自然な高さとすることで運転に違和感のないものとしている。ファーストクラスシートと銘打たれたシートは、たっぷりとしたサイズを確保。フロントシートはクッション幅が540mm、クッション長が510mmもあり、長距離ドライブでも疲れない設定。リヤシートの幅も1415mmと長い。

トヨタ アイシス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アイシス の関連記事

トヨタ アイシスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アイシス の関連記事をもっと見る

トヨタ アイシス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21