autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」[プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2012/9/24 21:26

トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」[プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/2)

関連: トヨタ iQ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部・トヨタ自動車
トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」[プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

トヨタ iQベース、発売前の電気自動車に緊急試乗!

トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート2

「トヨタ iQって、フロントマスクを変えてボディをツートンカラーにすると、ここまでカッコ良くなるんだ」

と妙なところに感心したのが、iQをベースに開発されたEV(電気自動車)の「トヨタ eQ(イーキュー)」[プロトタイプ]。ベースのiQに比べると、精悍なイメージに仕上げた。

しかし、eQのキモはEVであること。2012年12月の発売に先立ち、プロトタイプ車両の試乗がかなった。

まるでiQに1.8リッターエンジンを積んだかのようなパワフルさに圧倒!

トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗記レポーターの渡辺陽一郎さん

アクセルを踏み込むと、発進加速は実に軽快。反応の素早いモーターとエンジンの違いを実感する。もちろんモーターだから、加速感は滑らかでノイズも皆無に近い。EVの運転は、「三菱 i-MiEV(アイ・ミーブ)」や「日産 リーフ」で経験済みながら、改めて「ガソリンエンジン車とは違うよね」と実感させられた。

巡航状態からアクセルをさらに踏み増した時の反応も鋭い。iQに1.8リッタークラスのエンジンを積んだ感覚だ。コーナーで不用意にアクセルを開くと「キュルルン!」とホイールスピンを生じる場面もあった。

市街地を中心に使われるコンパクトなクルマだから、実用域の力強さは大きなメリットになる。ただし、さらにアクセルを踏み込んで高回転域まで回すと、ずっと伸びやかな加速が楽しめるガソリンエンジン車と違って、ある一定のところで加速の伸びは衰える。

・・・と思ってメーターを見ると! ああ、テストコースで良かった。そもそも静かで、さらに遮音も効いているせいか、思った以上に速度が出てしまっているのだった。ちなみに設計上の最高速度は125km/hとなっている(さすがにそこまでは出していませんので念のため・・・)。

eQに使われるモーターの最高出力は47KW(64馬力)と、一見大人しく見えるが、最大トルクは163N・m(16.6kg-m)と十分な性能を発揮する。そのために、前述のようなスムーズで力強い加速感が得られた。

車両重量は1080kg。ベースのiQに対して130~190kgの増加だが、i-MiEVと同程度だ。ボディが比較的軽いことも、軽快に走れる秘訣だろう。

トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア・フロント正面トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア(左)トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア・サイドビュートヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア・リアビュートヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア・リア正面

トヨタ iQ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ iQ の関連記事

トヨタ iQの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ iQ の関連記事をもっと見る

トヨタ iQ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20