autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 トヨタ 新型ハリアー vs マツダ CX-5 どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2013/12/13 09:31

トヨタ 新型ハリアー vs マツダ CX-5 どっちが買い!?徹底比較(3/3)

関連: トヨタ ハリアー , マツダ CX-5 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: トヨタ自動車/和田清志/オートックワン編集部
トヨタ 新型ハリアー vs マツダ CX-5 どっちが買い!?徹底比較

【新型ハリアー vs CX-5 動力性能・燃費対決】

トヨタ 新型ハリアー・HYBRIDマツダ CX-5トヨタ 新型ハリアーマツダ CX-5

エンジンは、ハリアーが前述のように直列4気筒の2リッターと、2.5リッターのハイブリッドを搭載する。CX-5は直列4気筒の2リッター、2013年10月のマイナーチェンジで加わった2.5リッター、そして2.2リッターのクリーンディーゼルターボだ。

これらの内、両車ともに2リッターは廉価版と考えたい。車両重量は1500~1600kgと、さほど重くないため実用的な不満はないが、SUVでは趣味性も重視される。それを加味すると動力性能が物足りず、メカニズムも平凡。ハリアーはハイブリッドで決まりだろう。

CX-5では2.5リッターも加えたが、これは実質的に2リッターエンジンと同じ価格になる。2WD・20Sと4WD・25Sの価格差は30万4500円だが、25Sに標準装着されるディスチャージヘッドランプやリアビークルモニタリングなどが20Sでは9万4500円でオプション設定され、これに21万円の4WDも加わるから、30万4500円の差額がピッタリ埋まる。いい換えると2500ccエンジンを選べば「500cc分だけトクをする」わけだ。

トヨタ 新型ハリアー・HYBRIDトヨタ 新型ハリアー・HYBRIDトヨタ 新型ハリアー・HYBRIDトヨタ 新型ハリアートヨタ 新型ハリアー
マツダ CX-5マツダ CX-5マツダ CX-5マツダ CX-5マツダ CX-5
トヨタ 新型ハリアー

それでもベストな選択はクリーンディーゼルターボのXD。2.5リッターのガソリンエンジンに対する価格上昇は、装備の等しいLパッケージ同士で比べると37.8万円になる。そしてXDの最大トルクは4000ccのガソリンエンジン並み。2.5リッターエンジンの1.7倍に相当する。さらにJC08モード燃費も18.6km/Lだから2.5リッターの1.3倍。軽油の価格はガソリン代よりも1リッター当たり20円ほど安いので、XDはさらに燃料代を抑えられる。クリーンディーゼルターボは高出力で経済的。とても優秀なのだ。

マツダ CX-5マツダ CX-5

ちなみに実用燃費をJC08モードの85%、軽油価格を1リッター当たり140円、レギュラーガソリンを160円で計算すると、1km当たりの走行単価はXDが8.9円、2.5リッターガソリンの25Sは12.9円になる。

なので9.5万kmを走れば、燃料代の差額で37.8万円の価格差が埋まる計算だ。走行距離の伸びないユーザーが損得勘定を重視して選ぶなら25Sもアリ得るが、1年間に1.5万km以上を走るのであれば、パワフルなXDが断然有利になる。

一方、ハリアーのハイブリッドは、モーター駆動の併用によって動力性能は2.7リッターのガソリンエンジン並み。CX-5のような低回転域から沸き上がるような駆動力はないが、十分な動力性能を確保して加速感も滑らかだ。

そしてJC08モード燃費は、売れ筋になるエレガンスなどは21.4km/L。1km当たりの走行単価は前述と同じで計算で8.8円だ。XDの8.9円とほぼ同額になる。燃費数値はハリアーが優れるものの、燃料代に13%程度の差があるため、クリーンディーゼルターボのXDも意外に安い。ハイブリッドの滑らかな加速感も魅力ではあるが、「動力性能対燃費」ではCX-5のXDが圧勝する。

【新型ハリアー vs CX-5 装備・機能対決】

トヨタ 新型ハリアー・HYBRIDトヨタ 新型ハリアー

価格はどうか。ハリアーにはミリ波レーダーを使ったプリクラッシュセーフティシステムとレーダークルーズコントロールが10万5000円~13万2300円でオプション設定されるが、CX-5にはこの機能がない。時速4~30kmで作動する赤外線レーザー方式のスマートシティブレーキサポートは、全車に標準装着される。

装備の条件を合わせるために安全装備を除いて考えると、ハリアーで買い得なハイブリッドエレガンスが367万円。CX-5のXDにディスチャージパッケージを加えた仕様が290万8500円だ。細かな装備の差があるとしても、60万円はCX-5が安い。XDがクリーンディーゼルターボを搭載することも考えると、一般的にはCX-5が推奨されるだろう。

この背景にあるのは、ハリアーの価格設定だ。直列4気筒の2000ccエンジンを積んだベーシックな2WDのグランドでも、車両価格は272万円に達する。横滑り防止装置やサイド&カーテンエアバッグを標準装着するとはいえ、高めの設定だ。ヴァンガード2WD・240Sは、同様の安全装備に2.4リッターエンジンを搭載して、5人乗りは242万円であった。

マツダ CX-5マツダ CX-5 「XD 2013アニバーサリー」

国内専売で内外装の凝ったSUVを造ろうとすると、価格が高めになるのは否めない。ハリアーの2WDグランドは、質感の向上を考えても254万円くらいが妥当だろう。

もっとも、SUVは内外装や雰囲気が重要で、一概に割安感だけで優劣は決められない。スペシャルティな感覚は、CX-5よりもハリアーが濃厚に漂わせている。

以上のような違いを考慮した上で、ご自身にピッタリのモデルを選んでいただきたい。

トヨタ ハリアー 関連ページ

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ハリアー の関連記事

トヨタ ハリアーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハリアー の関連記事をもっと見る

トヨタ ハリアー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29