autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ エスティマハイブリッド 試乗レポート(2012年マイナーチェンジモデル)/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/9/10 18:00

トヨタ エスティマハイブリッド 試乗レポート(2012年マイナーチェンジモデル)/渡辺陽一郎(2/3)

トヨタ エスティマハイブリッド 試乗レポート(2012年マイナーチェンジモデル)/渡辺陽一郎

エスティマハイブリッドの操舵感はアル・ヴェルハイブリッドを上まわる!

試乗したのは、「エスティマハイブリッド アエラス レザーパッケージ」。

トヨタ エスティマハイブリッド(2012年マイナーチェンジモデル)と渡辺陽一郎氏

ハイブリッドのメカニズムは、トヨタ車に幅広く採用されるTHSII。直列4気筒の2.4リッターエンジンがベースで、駆動用モーターは前輪に加えて後輪にも備わる。ハイブリッドを生かし、モーター駆動の4WDを成立させた。

エンジンとモーター駆動を合計したシステム最高出力は190馬力。プラットフォームなどを含めて、基本的にはヴェルファイア&アルファードハイブリッドも同じ内容になる。

気になるハイブリッドのJC08モード燃費は「18km/L」。マイナーチェンジを受ける前と同じだ。

ちなみに2.4リッターのノーマルエンジン搭載車は、前輪駆動の2WDが「11.4km/L」、4WDが「11.2km/L」(双方ともに7人乗り)。ハイブリッドは約60%の燃費向上で、フリードハイブリッドの30%を大きく上まわる。高機能なハイブリッドを搭載するメリットだ。

トヨタ エスティマハイブリッド(2012年マイナーチェンジモデル)走行試乗イメージ2

動力性能は以前と同じだが、試乗しても力不足は感じない。

モーター駆動の併用で、加速力はノーマルエンジンの2.7リッタークラスに匹敵する。V型6気筒の3.5リッターエンジンほどパワフルではないが、アクセルを踏み込むと即座にモーターの駆動力が高まり、2.4リッターのノーマルエンジンに比べると余裕がある。

無段変速とあって、加速感も滑らか。動力性能が十分だからアクセルを深く踏み込む機会は少なく、エンジンノイズも耳障りには感じない。従来型と変わらないものの、2トン近い車両重量とのバランスを含め、過不足のない動力性能を発揮する。

走行安定性はどうだろう。

ハイブリッドに装着されるタイヤは、従来型と同じく17インチ(215/60R17)のみ。ノーマルタイプの2.4/3.5リッターと異なり、18インチは選択できない。

2トン近くの車重を感じさせない操舵の正確性と高い安心感

トヨタ エスティマハイブリッド(2012年マイナーチェンジモデル)タイヤ&アルミホイール

試乗車が履いていた銘柄はトーヨー・トランパスJ48であった。マイナーチェンジでサスペンションの設定を変更したことは案内されていないが、変更前に比べると、操舵に対する正確性が向上したと感じる。

前述のように車両重量は2トン近いが、コーナーに進入する時でもボディの重さを意識させず、挙動の変化が穏やかに進むのでドライバーの安心感が高い。

コーナリングの最中に、危険を回避する目的でアクセルを閉じたり、ブレーキを踏んだ時でも後輪の接地性が保たれ、運転の難しい状態には陥りにくい。横滑り防止装置も標準装着されている。

トヨタ エスティマハイブリッド(2012年マイナーチェンジモデル)走行試乗イメージ4

この運転感覚は、ハイブリッドやプラットフォームを共通化したヴェルファイア&アルファードハイブリッドとはかなり違う

オートックワンに1月23日にアップされた「アルファード&ヴェルファイアハイブリッド 試乗レポート」、5月30日の「新車比較」でも述べたように、ヴェルファイア&アルファードハイブリッドの操舵感はかなり鈍い

車両重量はエスティマハイブリッドを100kgは上まわり、天井も150mm近く高い。さらにタイヤサイズはエスティマハイブリッドの17インチに対して16インチ(215/65R16)になる。

後輪の安定性に不満はないが、コーナーでは外側に位置する前輪が歪みやすく、旋回軌跡を拡大しやすい。ボディの傾き方も大きめで、峠道などでは歯痒い気分になる。

その点、エスティマハイブリッドは違和感なく曲がり、ドライバーが走りのリズムを把握しやすい。ボディの傾き方も小さいから、運転中の不安も生じにくい

ただし、すべての面でエスティマハイブリッドが勝るわけではない。

乗り心地を取るならばアル・ヴェルハイブリッド

トヨタ エスティマハイブリッド(2012年マイナーチェンジモデル)エクステリアイメージ2

乗り心地は、16インチタイヤと少し柔らかいサスペンションが奏効して、ヴェルファイア&アルファードハイブリッドの方が快適だ。

エスティマハイブリッドはフロントシートに座っていれば不満はないが、2/3列目になると床から伝わる細かな振動が気になる。2列目はミニバンにとって「特等席」だから、もう少し乗り心地を向上させて欲しい。

要は運転感覚を相応に重視するならエスティマハイブリッド、同乗者の乗り心地を優先させるならヴェルファイア&アルファードハイブリッドという選び分け

後者は車内も広く、走りと乗り心地の違いは整合性が取れている。

トヨタ エスティマハイブリッド 関連ページ

トヨタ エスティマ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスティマハイブリッド の関連記事

トヨタ エスティマハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスティマハイブリッド の関連記事をもっと見る

トヨタ エスティマハイブリッド の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22