autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 トヨタ エスティマ vs ホンダ オデッセイ どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2016/6/15 18:59

トヨタ エスティマ vs ホンダ オデッセイ どっちが買い!?徹底比較(2/4)

トヨタ エスティマ vs ホンダ オデッセイ どっちが買い!?徹底比較

内装のデザイン/質感/操作性/視認性比較

トヨタ エスティマホンダ オデッセイ

エスティマは発売されて10年を経過しながら、内装のデザインには古さを感じない。先ごろのマイナーチェンジでは、従来に比べてシルバーの装飾などが上質になった。

オデッセイもインパネを曲線的にデザインしたが、見栄えはエスティマが少し勝る。

メーターはエスティマがインパネ奥側の高い位置に装着した。オーソドックスなオデッセイに比べて視線と目の焦点移動は少ないが、インパネ上端の位置が高い。圧迫感が生じやすく、先に述べたボディ先端の位置がさらに分かりにくくなった。このあたりは一長一短だ。

勝者:エスティマ

前後席の居住性/乗降性比較

ホンダ オデッセイトヨタ エスティマホンダ オデッセイトヨタ エスティマ

1列目シートの座面サイズは両車ともに同等だが、背もたれの高さはオデッセイに少し余裕がある。サポート性が良くエスティマよりも快適だ。

2列目は売れ筋のセパレートシートで比べる。両車ともオットマンを備え、膝から先を支えるのでリラックスして座れる。

注目されるのはオデッセイのプレミアムクレードルシートだ。クレードルとは「ゆりかご」の意味で、乗員の体をスッポリ包む形状に仕上げた。座り心地は柔軟で、背もたれを後方に倒すと座面の前側が連動して持ち上がり、少しフンゾリ返る姿勢になる。リラックスできて快適だが、小柄な同乗者が座ると大腿部を押された印象になるので注意したい。クセのあるシートだが、快適に感じるユーザーは多い。

エスティマの2列目に凝った機能はないが、馴染みやすい座り心地に仕上げた。

ホンダ オデッセイ
トヨタ エスティマホンダ オデッセイ

3列目のシートはオデッセイが快適だ。頭上はさほど広くないが、膝先に十分な余裕がある。低床設計で床と座面の間隔に余裕があるから、膝が持ち上がる姿勢になりにくい。

エスティマの3列目は床と座面の間隔が不足して膝が持ち上がり、大腿部がシートから離れやすい。座面の奥行はオデッセイに比べて約70mm短く、全高が1700mmを超えるミニバンでは窮屈だ。エスティマの3列目は、オデッセイだけでなく、ミドルサイズのヴォクシー/ノア/エスクァイアと比べても見劣りする。

乗降性はオデッセイの圧勝。スライドドアの部分で床が100mm前後低く、大きく足を持ち上げずに乗り降りできる。エスティマは床が高く、乗降用の小さなサイドステップを設けた。

勝者:オデッセイ

荷室比較

トヨタ エスティマ ハイブリッドホンダ オデッセイ

両車ともに3列目シートは床下格納とした。格納時に3列目が露出しないので、スッキリと広い荷室になる。オデッセイの格納は左右一体型だが、エスティマは左右分割式なので、荷物の量や乗車人数に応じて調節しやすい。

荷物を出し入れするリアゲートの下端と路面との間隔は、エスティマが720mmで、オデッセイは525mmと低い。オデッセイは荷物を高く持ち上げずに出し入れできる。

勝者:エスティマ

トヨタ エスティマ 関連ページ

ホンダ オデッセイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスティマ の関連記事

トヨタ エスティマの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスティマ の関連記事をもっと見る

トヨタ エスティマ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27