autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ エスティマ 新型車徹底解説

新型車解説 2006/1/27 19:46

トヨタ エスティマ 新型車徹底解説(1/6)

トヨタ エスティマ 新型車徹底解説

プラットフォームを新開発しエンジンの排気量もアップした3代目

初代エスティマの日本デビューは平成2年。日本でもやっとミニバンという言葉が使われはじめた時代だ。エスティマはもともとは北米のマーケットをターゲットにしたモデルで、ボディサイズも大きめだった。このため、全幅を5ナンバー枠に収まるサイズにまでナロー化したルシーダ&エミーナを追加設定にすることになる。

先代となる2代目は、エスティマとルシーダ&エミーナの中間となるサイズで登場。駆動方式をFF化する(初代は床下エンジンの後輪駆動)ことで、高いユーティリティ性能を確保。シャープなスタイリングも受け入れられ、ヒットモデルとなった。

ニューエスティマはプラットフォームから新開発。エンジンも従来より排気量アップした3.5リッターをトップに据えた。先進的な技術も積極的に採り入れられ、トヨタミニバンラインナップのさらなる強化を図るに、十分な資質を備えたモデルに進化している。グレード展開はベーシックのX、上級のG、スポーティ指向のアエラスの3種が基本。アエラスには上級装備をプラスしたGパッケージと、さらなるスポーティ装備を追加したSパッケージが設定される。

トヨタ エスティマ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスティマ の関連記事

トヨタ エスティマの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスティマ の関連記事をもっと見る

トヨタ エスティマ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20