autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダンロップ エナセーブ RV504 試乗レポート/マリオ高野 2ページ目

試乗レポート 2015/4/28 11:24

ダンロップ エナセーブ RV504 試乗レポート/マリオ高野(2/3)

ダンロップ エナセーブ RV504 試乗レポート/マリオ高野

エコタイヤなのに、まるでスポーツ系タイヤに履き替えたかのよう!

まずは「ホンダ フリード」。発売から7年目ということで、正直、乗り味には古くささを感じさせるところがあります。低価格で実直な実用車に徹しているため普通にソツなく走りますが、たとえばハンドリングのキビキビ感や路面インフォメーションは希薄で、運転好きの人が運転していて楽しさを感じにくいタイプのクルマです。

しかし、「エナセーブ RV504」を装着した状態では、ビッグマイナーチェンジで走りが劇的に向上!といわれても信じてしまいそうなほど、しっかりとした乗り味になっていて驚きました。

ホンダ フリードとマリオ高野氏(装着タイヤ:ダンロップ エナセーブ RV504)

「エナセーブ RV504」は、コンパウンドを発熱性の少ないゴムにすることで転がり抵抗を従来比で13%低減していますが、まずはその数値通り、走り始めからスーッと滑るように転がって行くのが非常に気持ちよく、そしてステアリングの手応えがしっかりしていることに感動しきり。

フリードの乗り味であまり好きではなかった部分が、ことごとく改善されているのです。

「エナセーブ RV504」は、転がり抵抗を減らして低燃費化をはかっただけではなく、ミニバン特有の重めの車重を支えるためにタイヤ内部のブレーカーと呼ばれる骨格のような部分の剛性を引き上げ、さらに外側のトレッドパターンのブロックを大きく、中央の縦のブロックを太くしているので、路面との接地感が劇的に濃くなっているように感じるのです。

ホンダ フリード(装着タイヤ:ダンロップ エナセーブ RV504)

四輪が路面を掴んでいる様子がイメージしやすくなると、それだけでクルマの運転は快適で楽しいものに変わります。基本はエコタイヤなのに、まるでスポーツ系に振ったタイヤに履き替えたような感覚は、エナセーブシリーズすべてに共通する美点といえるでしょう。

シャランの乗り味の良さをさらに引き立たせる

ホンダ オデッセイ(装着タイヤ:ダンロップ エナセーブ RV504)
ホンダ オデッセイ(装着タイヤ:ダンロップ エナセーブ RV504)

次にVWシャラン。シャランはゴルフをベースとしたミニバンですが、ミニバン化に伴うネガティブな部分をほとんど感じさせないオドロキのミニバンで、個人的には「もっともステアリングを握ることが気持ちよいミニバン」のひとつと位置づけております。

ミニバンとは思えない剛性感に溢れた走りが味わえるクルマですが、「エナセーブ RV504」はそんなシャランの美点をさらに甘美なものに引き上げる効果を発揮。

元々よく切れる包丁をさらに研いだような感じで、切れ味バツグンの刃物で路面をなぞるような感覚は至福のひとときでありました。

2列目、3列目も硬めながらも突き上げ感を上手く丸めてくれている

ホンダ オデッセイ(装着タイヤ:ダンロップ エナセーブ RV504)
ダンロップ エナセーブ RV504を履いたホンダ オデッセイの後席の乗り心地をテストするマリオ高野氏

ホンダ オデッセイでは、2列目や3列目シートに座り、運転席以外の乗車フィールをチェック。

オデッセイも元々快適性に優れたミニバンですが、後席に居ても、4つのタイヤが路面にしっかりと接地している感覚を感じ取れることが快適性の向上につながっていることを確認しました。

もしかすると、人によっては乗り心地が硬いと感じるかも知れませんが、段差を乗り越えたときの突き上げの角を上手く丸めながらも、乗員に路面の状態を感じさせてくれることで安心感が高まるはずなので、個人的には好ましく思える味付けです。

トヨタ エスクァイア 関連ページ

トヨタ アルファード 関連ページ

フォルクスワーゲン シャラン 関連ページ

ホンダ オデッセイ 関連ページ

ホンダ フリード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスクァイア の関連記事

トヨタ エスクァイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスクァイア の関連記事をもっと見る

トヨタ エスクァイア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20