autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ クラウン試乗レポート

試乗レポート 2010/6/4 11:22

トヨタ クラウン試乗レポート(1/3)

トヨタ クラウン試乗レポート

よりしなやかに、より快適になったクラウン

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンクラウン ハイブリッド

国内の高級セダン市場はすっかり縮小したが、クラウンだけは孤軍奮闘している。とはいえ、不景気とエコカー人気の影響で、想定以上に多くのクラウンユーザーがプリウスに流れたというほどで、高価なクルマが売れない世の中になった。

そんな中で、クラウンを乗り継ぐユーザーのため、少しでもよくなるように、そしてクラウンが少しでも多く売れるようにと、今回のマイナーチェンジでは、そのあたりの現ユーザーの声を反映した変更が行なわれた。

まず、変更の主役である2.5リッター車について。ハイオク仕様からレギュラー仕様になるとともに、2WD車において、エンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御を改良。燃費も10・15モードで12.4km/L(従来比+0.4km/L)を実現し、エコカー減税(50%減税)にも適合できた。

これにより、出力、トルクのスペックは5%程度ダウンしたわけだが、たしかに乗ると全体的にトルクが薄くなり、吹け上がり方も若干おとなくしなった印象だ。むろんハイオク仕様とレギュラー仕様の差というのは、まさにそこにあるわけだが、ガソリン代の単価と燃費向上という恩恵を享受できるメリットのほうが大きいのではと思う。

ところが、アスリートに設定のある3.5リッター車に乗ると、まったく逆の印象を持つ。2.5リッター車はエンジンの印象が薄いのだが、3.5リッター車はとても力強く、なかなか官能的な吹け上がりを楽しませてくれる。V6エンジンとして世界的にもトップクラスの仕上がりと思えるほどだ。

また今回、クラウン全車で足まわりや電動パワステの制御が見直され、現行型の初期モデルで気になっていた部分が改良された。乗り心地はよりしなやかになり、もともと高かった快適性がさらに向上した。ステアリングは、中立付近が曖昧なフィーリングだったのだが、不感帯がなくなり、切り始めからスッキリと反応するようになった。

こうしたドライバビリティに直結する改良は大いに歓迎したいと思う。

クラウン ハイブリットヨタ クラウン アスリートトヨタ クラウン アスリートトヨタ クラウン ロイヤルサルーントヨタ クラウン ロイヤルサルーン

トヨタ クラウンロイヤル 関連ページ

トヨタ クラウンアスリート 関連ページ

トヨタ クラウンハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンロイヤル の関連記事

トヨタ クラウンロイヤルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンロイヤル の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンロイヤル の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26