autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ クラウンマジェスタ 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2009/3/26 19:59

トヨタ クラウンマジェスタ 新型車解説(2/3)

関連: トヨタ クラウンマジェスタ Text: オートックワン 編集部 Photo: 島村 栄二
トヨタ クラウンマジェスタ 新型車解説

極上の乗り心地は、さすが王者の貫禄

サイドビュー

まずボディサイズは、全長4,995mm(+20mm)×全幅1,810mm(+15mm)×全高1,475mmと、数値からも見て取れるよう、ボディの拡大を実施し、よりワイド感を強調したフィルムとなっている。それはデザイン各所で感じることができる。

まず先代マジェスタのマスクは、丸みを帯びたフロントライトのせいか、全体的に柔らかい表情をみせたのに対し、新型マジェスタはエッジの効いた顔が特徴となっている。立体的な面構成をみせる迫力ある表情は、まさしくマジェスタ=“尊厳”という顔と、そこから来る威圧感が混ざった、威風堂々の印象を受ける。

さらにサイドビューも安定感を与える流れを見せる。キャビンはフロントピラーから続く流れをリアピラーで切り返したシルエットとし、歴代マジェスタのアイデンティティを継承する形が採られた、ボリューム感ある佇まいを魅せる。ホイールは全車17インチを装着。デザインも7本スポークと5本スポークの2タイプを設定している。

さらにリアへ周り込むと、いかにもクラウンらしい表情を見せてくれる。どっしりとした重厚なトランクリッドが車格感をさらに強調。LEDのリアランプと、バンパー埋め込み型の2本出しマフラーが、クラシックの中に先進性を覗かせる。

一方インテリアに関しては、まず本杢をふんだんに使用したインパネやセンターコンソールが目に付く。これにより、インパネ全体の精度感が増し、落ち着いた雰囲気を醸し出している。メーターも視認性を考慮してファイングラフィックメーター(G、Cタイプ)と、オプティトロンメーター(C、Aタイプ、i-Four)の2タイプを設定している。

キャビンはホイールベースを75mmも延長させたおかげで、室内長2,135mm(+65mm)×室内幅1,520mm(+15mm)×室内高1,205mm(+5mm)という充分な室内空間が備わる。先代マジェスタよりも前後左右のゆとりを乗った瞬間に感じることができるほどだ。

フロントシートはクッション自体を厚くさせたほか、背面を20mm高くし、肩周辺のホールド感を高めた。リアシートは、前後席間距離を+75mmとしたおかげで、簡単に足が組めるほどの空間を備える。これにオットマン、コンフォータブルエアシート、リアエンターテイメントシステムが加われば、まさに極上の空間そのものだろう。

ステアリングスイッチシフトドアライニングフロントシートハイバックテールランプ

トヨタ クラウンマジェスタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンマジェスタ の関連記事

トヨタ クラウンマジェスタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンマジェスタ の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンマジェスタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19