autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ クラウンマジェスタ 新型車徹底解説 4ページ目

新型車解説 2004/7/1 13:42

トヨタ クラウンマジェスタ 新型車徹底解説(4/6)

トヨタ クラウンマジェスタ 新型車徹底解説

すでにクラウンで実証された広く使いやすい室内

先代マジェスタに比べて前後ヒップポイント間の距離は20mm拡大され960mmとなっている。これは現行のロイヤル&アスリート系と同一の数字だ。しかし、ロイヤル&アスリート系の資料では先代モデルに比べ40mmの拡大となっている。つまり、先代のマジェスタはベースモデルよりも20mm広い前後ヒップポイント間の距離を持っていたことになるが、新型マジェスタは同一となっている。

すでに十分なクリアランスを確保できているロイヤル&アスリート系よりも、広くするだけの必要性がなかったためだろう。装備の充実さは語るまでもなく、十分に充実したものとなっている。

全車にフロント足元灯とルームランプが点灯するイルミネーテッドディスプレイを装備。室内のパネルはすべて天然木が使われている。上級グレードとなるCタイプならば電動のリヤサンシェードと手動リヤサイドサンシェード、40対20対40の電動リクライニングリヤシート、エアコンの排ガス検知式内外気自動切り替え機構なども標準装備される。

トヨタ クラウンマジェスタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンマジェスタ の関連記事

トヨタ クラウンマジェスタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンマジェスタ の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンマジェスタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26