autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ カローラフィールダー「若返りに見るトヨタのカローラ観」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2015/7/7 11:36

トヨタ カローラフィールダー「若返りに見るトヨタのカローラ観」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

トヨタ カローラフィールダー「若返りに見るトヨタのカローラ観」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

若返りに見るトヨタのカローラ観

2012年に現行カローラがデビューした際のガッカリ感は、いまでもはっきりと覚えている。

没個性なデザイン、安っぽいインテリア、頼りない直進安定性、粗い乗り心地など、見ても乗っても失望の連続だった。

決して高級ではないけれど、良心的な作りのよさを感じさせるのが歴代カローラの美点だったのに、それもなくなり、単なるコストコンシャスなセダンになってしまったのだ。

トヨタ カローラフィールダー
トヨタ カローラフィールダートヨタ カローラフィールダー

そういう意味で今回のマイナーチェンジは単なるマイナーチェンジではなく、トヨタがカローラをどう捉えているかを示す非常に重要なイベントになる。さてどうなったか…。

トヨタも強い危機感を持っていたのだろう。外観を中心にかなり大きな手を入れてきた。

セダンのアクシオ、ワゴンのフィールダーともにフロント周りを一新。新しくなった顔つきからは、若いユーザーに興味をもってもらおうという狙いが伝わってくる。もはやシニア専用車と言いたくなるような雰囲気だったマイナーチェンジ前と比べると、スポーティーさと若々しさは間違いなく増している。

欲しいかと聞かれたら、まだまだ全体的な雰囲気が凡庸ですよと答えるしかないけれど、少なくともトヨタがカローラを若返らせようとしていることは理解できた。

他メーカーに遅れをとっていた先進安全装備の新採用も朗報だ。レーザーとカメラを使って衝突回避支援や車線逸脱警報を実現した「トヨタセーフティセンスC」を多くのグレードに標準装備。全車標準装備でないのは残念だが、大きな前進ではある。

試乗したのはハイブリッドモデル。動力性能も燃費も満足のいくレベルではあるが、足回りには手が回らなかったようで、とくに乗り心地にはまだまだ課題が残る。約250万円という価格を考えると満足にはほど遠い。

次期モデルでどれだけ変えてくるか。改良レベルではなく、革命レベルの変化を起こさないかぎり、カローラブランドの本格的復活は望めないだろう。

トヨタ カローラフィールダー

“安心・実用・扱いやすさ”を優先したクルマとして、時代の変化に合わせながらトヨタが1966年から創り続けてきた車種。今回から導入された「Toyota Safety Sense C」は、トヨタ車として初採用の装備となる。複数の安全装備をパッケージ化したもので、安全運転を多面的に支援するという。内外装はカローラフィールダーが「スポーティ」、カローラアクシオは「モダン」をテーマにデザインされている。

トヨタ カローラフィールダー HYBRID G W×B 主要諸元

車両本体価格:¥2,474,182(消費税込)※北海道地区を除く/全長×全幅×全高(mm):4,410x1,695x1,510/車両重量:1,180kg/定員:5人/エンジン:直列4気筒DOHC/総排気量:1,496cc/最高出力:54kW(74ps)/4,800rpm/最大トルク:111Nm(11.3kgm)/3,600~4,400rpm/JC08モード燃費:33.8km/L/駆動方式:前輪駆動

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カローラフィールダー の関連記事

トヨタ カローラフィールダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カローラフィールダー の関連記事をもっと見る

トヨタ カローラフィールダー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21