autoc-one.jp 記事・レポート 特集 日本にない日本車 日本にない日本車 ~日本にない「トヨタ カローラ」~/桃田健史 3ページ目

日本にない日本車 2014/8/1 11:18

日本にない日本車 ~日本にない「トヨタ カローラ」~/桃田健史(3/3)

日本にない日本車 ~日本にない「トヨタ カローラ」~/桃田健史

なんと「レビン」復活!中国では二系統で別々のモデル投入

雷陵LEVIN雷陵LEVIN

2014年4月20日、北京モーターショー。近隣の地下鉄の駅を降りて、会場に向かって歩いていると「雷陵LEVIN」の看板を目にした。

そして会場内での報道陣向け記者会見では、キャッチコピー「一歩追夢~歩歩向前」を強調。イメージキャラクターに米人気歌手のビヨンセを起用して、若い層へのアピールを拡張した。

注目の新型車は、新型「カローラ」。欧州モデルを基調とした直線的なデザインフォルム。北米仕様とは明らかに違いがある。そしてもう1台、それが「カローラLEVIN」。こちらは欧州仕様と北米仕様の『いいとこどり』をしたような雰囲気だ。

前者が第一汽車との合弁・一汽トヨタで、後者が広州汽車との合弁・広汽トヨタで製造され、それぞれのディーラーで販売される。中国政府は自動車産業で『製販一致』(製造と販売を同系列にすることを事実上の義務付け)を提唱している。

2013年、トヨタの国内販売数は前年比9.2%増の91万7500台。それを2014年には一気に110万台まで押し上げる。

LEVIN

新車発表の翌日、新聞等の経済系日米メディアとの記者懇親会で、中国トヨタ幹部は「目標110万台はかなり強気と受け取られるかもしれないが、カローラを中心に、中国内陸部で拡販すればおのずと数字はついてくる」と説明した。

また2015年には、「カローラ」「カローラLEVIN」それぞれにハイブリッド車を投入。それぞれの販売総数のうち2割をハイブリッド車にするという。中国では2014年春になってやっと「プリウス」が全国販売されたばかり。中国ではまだ、自動車に対する環境意識が浸透しておらず、「プリウス」の販売量も日本と比較すると極めて少ない。そうした状況を、「カローラ」で変えようというのだ。

トヨタにとって大きな勝負である中国市場で、しかもハイブリッドで「LEVIN」の名を復活させた。

AE86(藤原とうふ店仕様)

「LEVIN」はAE86という躍動的「カローラ」の全盛期を象徴する名前。そのヘリテージ(伝統)を中国市場にも持ち込む。

また、実は「LEVIN」は中国の一部の人たちにとっては馴染み深い名前だ。そのわけはなんと「頭文字D」。ここ数年、北京と上海のモーターショーでは、「藤原とうふ店」カラーの86が展示されている。その周りでスマホで記念撮影する中国人が多い。

この他、東南アジアでは「カローラアルティス」がある。タクシー用として普及している他、近年のモデルはエアロパッケージが充実し、スポーティ性も強調している。

トヨタ カローラアルティス

昭和41年の国内販売のすぐ後、オーストラリアへの輸出で始まった「カローラ」海外戦略。いまでは北米、南米、中国、東南アジア、欧州など世界各地の生産拠点を基点として、約150ケ国で販売されている。

まさに、日本屈指のワールドカーだ。

世界自動車市場は今後も、新興国や経済後進国での人口増加に伴い、拡大が予測されている。そうしたなかでこれから、さらに多くの「日本にないカローラ」が誕生することだろう。

筆者: 桃田 健史

トヨタ カローラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カローラ の関連記事

トヨタ カローラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カローラ の関連記事をもっと見る

トヨタ カローラ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22