autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ 新型アベンシスワゴン 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2011/6/24 15:50

トヨタ 新型アベンシスワゴン 新型車解説(2/3)

関連: トヨタ アベンシスワゴン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
トヨタ 新型アベンシスワゴン 新型車解説

走行安定性と乗り心地のバランスに優れる

トヨタ 新型アベンシスワゴントヨタ 新型アベンシスワゴン

欧州仕様にはセダンとワゴンが用意されるが、国内で売るのはワゴンモデルのみだ。

背景にあるのは、最近のワゴン事情。

メルセデス・ベンツ、アウディ、フォルクスワーゲンなどのワゴンが人気を高め、日本車ではレガシィツーリングワゴンが注目されている。

それなのに、トヨタのワゴンはカローラフィールダーと商用車をベースにしたプロボックス&サクシードだけ。再び本格的なワゴンの強化に乗り出した。

取り扱いディーラーも従来のネッツ店にトヨタ店とトヨペット店を加え、合計3系列になる。とはいえ1ヶ月の販売目標はわずか300台。慎重な数字と受け取れるが、クルマ好きには貴重なラインナップだ。

プラットフォームは先代型を踏襲し、サスペンションはフロント側がストラット式、リア側がダブルウイッシュボーン式の4輪独立懸架になる。

ボディの傾きを抑えるスタビライザーまで含め、足まわりの設定は欧州仕様に準じる。

ショックアブソーバーには伸びる量を抑制するリバウンドスプリングを内蔵。コーナリング時に、ボディの内側が浮き上がるのを抑える。

欧州仕様車とあって、走行安定性と乗り心地の調和に力を入れた。

トヨタ 新型アベンシスワゴン
トヨタ 新型アベンシスワゴントヨタ 新型アベンシスワゴン

エンジンは、2リッター直列4気筒の3ZR-FAE型。

ヴォクシー&ノアなどに幅広く用いられ、最高出力は152馬力(6200回転)、最大トルクは20kg-m(4000回転)となる。スロットル開度を一定に保ちながら、吸気バルブのリフト量を連続的に変化させ、吸入量を調節する燃焼効率に優れたバルブマチック方式を採用する。

ATは無段変速式のCVTで、登降坂変速制御も用いた。

登りと下りを繰り返す場面では、ムダな変速を抑えて滑らかに走らせる。無段変速ながら、7速の疑似変速モードも採用。ATレバーを前後に動かすほか、ハンドルに装着されるパドルスイッチを使った変速操作も可能だ。

ボディサイズは全長が4,765mm、全幅は1,810mmでクラウンより幅広い。このあたりは欧州指向を思わせる。ホイールベース(前後輪の間隔)は従来型と同じで2,700mm。プリウス、プレミオ&アリオン、SAIなどとも等しい。

前後に座る乗員のヒップポイント間隔は936mmになり、プリウスに近い数値だ。リアシートの足元空間が狭いアコードワゴンに比べると約140mm長く、頭上や足元の余裕は十分。

大人4名が乗車して、長距離ドライブを楽しめる。

荷室も広くて使いやすい。十分な積載容量を備え、アンダーボックスも装着。小物類の整理がしやすい。

ちなみに欧州では、高速移動の機会が多いことから、ビジネスの分野でも走行安定性に優れたワゴンが多く用いられる。となれば荷室の広さが重要になるわけだ。

トヨタ 新型アベンシスワゴントヨタ 新型アベンシスワゴントヨタ 新型アベンシスワゴントヨタ 新型アベンシスワゴントヨタ 新型アベンシスワゴン

トヨタ アベンシスワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アベンシスワゴン の関連記事

トヨタ アベンシスワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アベンシスワゴン の関連記事をもっと見る

トヨタ アベンシスワゴン の関連ニュース

  • トヨタ、アベンシスをマイナーチェンジ

    自動車ニュース

    トヨタ、アベンシスをマイナーチェンジ

    トヨタはアベンシスをマイナーチェンジし、4月16日に発売を開始すると発表した。アベンシスは、欧州の道で鍛え上げた走りとプレミアム感にあふれた....

  • トヨタ、新型アベンシスを発売

    自動車ニュース

    トヨタ、新型アベンシスを発売

    トヨタは、日本のユーザーの多様なニーズに応えるべく、欧州で生産・販売しているアベンシスを日本に導入し、全国のトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店....

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23