autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ オーリス 試乗レポート

試乗レポート 2006/11/13 15:53

トヨタ オーリス 試乗レポート

関連: トヨタ オーリス Text: 松下 宏 Photo: 原田淳
トヨタ オーリス 試乗レポート

狙いは“走り出した瞬間に感じられる高性能”

カローラ・ランクス/アレックスの後継モデルとなるのがオーリス。ネッツ店だけで販売されることを考えると、ランクスを除いてアレックスの後継車種といえる。従来のランクス/アレックスはヨーロッパで販売されるカローラのハッチバック車を日本でも販売したもの。今回のオーリスも基本的にヨーロッパ用カローラを日本で販売するものと思っていい。

今回のモデルでは日本で販売されるセダン/ワゴンとプラットホームが異なる。日本向けは5ナンバーボディで、海外向けはワイドボディとなるため、海外向けをベースとするオーリスはワイドボディ用の新開発プラットホームを採用する。

3ナンバーサイズのワイドボディの小型ハッチバック車というのでは、それだけで日本では売れないクルマというイメージになってしまうが、海外向けの新プラットホームを採用したことなどにより、想像する以上にデキの良いクルマになっているのがオーリスの魅力。車名も新しくしただけのことはあると感じさせるフルモデルチェンジだ。

開発コンセプトは直感性能で、見た瞬間、乗り込んだ瞬間、走り出した瞬間に高性能が感じられるクルマに仕上げたという。

ヨーロッパでデザインされた個性的な内外装

ヨーロッパでデザインされたというエクステリアデザインは、フロント回りに同じネッツ店で販売されるヴィッツとの共通性を感じさせる部分がある。フロントグリルの左右のヘッドライトとの間の部分の造形や、バンパーからボンネットフードにかけてのキャラクターラインがヴィッツと似た印象だ。

これはヨーロッパでトヨタ車としての個性を強調するものだし、国内でもネッツ店扱いのクルマとしての共通性ということになるが、後から出てきたひとクラス上のクルマが下のクラスのクルマと同じイメージになるのはどんなものか。日本ではやや難しさを感じさせるところがある。

運転席に乗り込むと、インテリア回りには新鮮なデザインが感じられる。ヨーロッパの代表的な建築手法である“フライングバットレス”を採用したセンタークラスターとセンターコンソールは、両方が一体化したこれまでにないイメージのものとなった。その一体化の中に含まれるコンソール部分のパーキングブレーキレバーも斬新な印象だ。ただ、レバーそのものは遊びがあって操作性はさほど良くない。

やや硬めにチューニングされたヨーロピアンテイスト感覚の乗り味

直感性能ではほんの数メートル走れば違いが分かるという触れ込みだが、さすがにそれは無理。少なくとも私にはそこまでの敏感な感受性はなかった。そんな私でも、本気で走り出す前の徐行段階で“おっ、これは違うな”という感じを受けた。しっかりした乗り味の足回りがそんな印象を与えるのだ。

やや硬めにチューニングされた正にヨーロピアン感覚の乗り味は、掛け値なしで好印象を与えるものだ。ヨーロッパでは時速200kmでの走行も想定した足回りを作る必要があり、それが結果として低速域でも好印象を与える足回りに仕上がっている。オーリスには事前にあまり期待せずに試乗を始めたこともあって、なおさらに好印象を受けた面もあるが、このクルマは相当に良いクルマだと思う。

搭載エンジンは直列4気筒の1.5Lと1.8Lの2機種。FFと4WDがあって全車にスーパーCVT-iが組み合わされるなど、パワートレーンに関しては国内向けカローラと共通だ。動力性能的には何の違いもないが、足回りの味付けが大きく異なるのを始め、ブレーキやステアリングなどのシャシー系がカローラとは異なるため、走りのフィール全体が大きく異なっている。国内向けカローラも決して悪くなかったが、個人的な好みも含めてこちらの走りの味のほうがずっと良い。

課題は国内の3ナンバーモデルへのイメージだけ

オーリスは相当にデキの良いクルマなのだが、すべに述べたように3ナンバーサイズのハッチバック車ということだと、国内ではそうそう売れるクルマにはなりにくい。まだまだ3ナンバー車に対する抵抗は大きいし、インフラ面でも不都合なことがあるからだ。

ただ問題になるのは1760mmの全幅だけなので、タワーパーキングで入庫を断られることもまずない。実質的な使い勝手に影響を受ける面は少ないと思っていい。個人的にはクルマが大きくなることは好ましくないと思っているが、こうしたサイズで良いクルマを出されると、ワイドボディだけを理由に簡単に切り捨てるわけにはいかないから、なかなか判断が難しい。

オーリスを買うなら、最上級グレードとなる180G Sパッケージがお勧め。クルマとしての総合的な魅力でこのグレードが一番だからだ。180G Sパッケージにカーナビなどをオプション装着すると、価格は250万円を超える水準に達する。コンパクトハッチを買うにはちょっと高めの予算になるが、満足度は高いと思う。150X系も悪くはないが、ベースグレードの装備はやや貧弱。買うなら150X Mパッケージが良い。

ただ、オーリスでVSCがSRSサイドエアバッグなどとセットでオプション設定になっているのは不満だ。こうした安全装備はヨーロッパ向けのオーリスは当然標準装備にしているはず。日本のユーザーを軽視する姿勢が感じられて残念だ。VSCなどの安全装備はトヨタが積極的に標準装備化しなければほかのメーカーもついていかないではないか。

筆者: 松下 宏

トヨタ オーリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ オーリス の関連記事

トヨタ オーリスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ オーリス の関連記事をもっと見る

トヨタ オーリス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20