autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ オーリスRS 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/11/19 13:00

トヨタ オーリスRS 試乗レポート(3/3)

関連: トヨタ オーリス Text: 岡本 幸一郎 Photo: 原田淳
トヨタ オーリスRS 試乗レポート

快適かつ走りを積極的に楽しめるオーリスRS

オーリスRSオーリスRS

早速RSを走らせてみると、よくある欧州仕様のハイギアードでかったるい印象ではない。シフトストロークは縦横ともそれほど極端に短くなく、マウントはカチッと固めだが、スプリングはあまり強く効かせていない。

スポーティさに期待すると、もう少しショートでもいいかもしれないと感じるが、いかにも「操っている」という感覚はあり、扱いやすさという点では不満なし。半クラッチのつながり具合もわかりやすい。

そしてオーリスの場合、ご存知のとおりセンターコンソールが「フライングバットレス」となっているわけだが、これのおかげで、ステアリングホイールからシフトノブまでの左手の移動距離が短くて済む。左奥にあるリバースギアへの操作も、普通のフロアシフトだと、右ハンドルであることを恨めしく思うことが多いところだが、オーリスなら大丈夫だ。

車高が10mm下げられ、オプションの17インチタイヤを履く足まわりは、スプリングとダンパーに専用品がおごられる。スタビライザーは同じ。日本の道路事情に合わせて最適化されており、応答性が高く、比較的強めに効かせたダンピングが心地良い。

パワーステアリングも専用品で、従来はニュートラル付近がダルだったところも、リニアなフィーリングとなり、しっとりと、かつスッキリした操舵感となっている。

オーリスRS

全体的に引き締まった印象が増して、あくまで快適な中で走りを積極的に楽しめるよう味付けされたと感じられた。走り好きといわれる新社長が就任したタイミングで、東京モーターショーでも、遠い世界のLF-Aはヨシとして、FT-86コンセプトのようなモデルを出展したり、こうしてオーリスにMT仕様を追加したりと、「走り」を感じさせる新たな動きが見られる。

実は筆者も、若いころはハチロクやスープラなど、トヨタのスポーティカーを乗り継いだクチ。業績では厳しい状況も伝えられるが、こうしてトヨタが少しずつ自身のスポーティ路線を復活させつつあることが伝わってきたのはうれしいかぎり。

そして、オーリスRSなら年齢層を問わず、いわゆる「走り屋」的なちょっと気の引ける感じでなく、ほどよくスポーティな雰囲気と走りが楽しめるところも好印象だ。

もちろんエコも大事で、オーリスも多くのグレードがエコカー減税の対象(RSは平成22年度燃費基準+15%)だけど、僕らみたいなクルマ好きにとっては、操る楽しさはもっと大事だから・・・。

オーリスRSオーリスRSオーリスRSオーリスRSオーリスRS

トヨタ オーリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ オーリス の関連記事

トヨタ オーリスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ オーリス の関連記事をもっと見る

トヨタ オーリス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24