autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート デビュー4年目、なぜ今ごろ「ハイブリッド」追加なのか/トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2016/5/10 09:52

デビュー4年目、なぜ今ごろ「ハイブリッド」追加なのか/トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート(4/5)

関連: トヨタ オーリス Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
デビュー4年目、なぜ今ごろ「ハイブリッド」追加なのか/トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート

走行安定性や乗り心地はグレードにより差異がある

トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

走行安定性と乗り心地は、標準仕様となる「オーリスハイブリッド」、上級の「オーリスハイブリッド ”Gパッケージ”」で違いが見られた。

標準「ハイブリッド」が装着するタイヤは16インチ(205/55R16)で、試乗車に装着されていた銘柄は「グッドイヤー エフィシエントグリップ」。タイヤの指定空気圧は230kPaだ。

操舵に対する反応はちょうど良く、スポーティーではないが鈍さも感じない。全高を1480mmに抑えたワイドボディのオーリスとあって、走行安定性も満足できる。旋回時にはボディの重さを若干意識させ、後輪の接地性が緩く感じる場面もあるが、欠点というほどではない。

トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎
トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

ちなみにオーリスハイブリッドは、駆動用ニッケル水素電池を現行プリウスと同じく後席の下に搭載した。

荷室の下に大きな電池が収まる先代プリウスに比べると、床下空間が荷物の積載容量としても増えるメリットも大きいが、旋回や車線変更時に慣性の影響を受けにくいレイアウトでもあり、走行安定性を高める要素になっている。

乗り心地は適度に柔軟で、エンジン排気量が2リッター以下の車種では快適な部類に入る。路面のデコボコを乗員に伝えにくい。

17インチの”Gパッケージ”はスポーティさが増すものの、乗り心地はやや硬くなる

トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

一方、「オーリスハイブリッド ”Gパッケージ”」は、タイヤサイズが17インチ(225/45R17)で、試乗車の装着銘柄は「ヨコハマ アドバンデシベル」であった。指定空気圧は230kPaで変わりはない。

それでも操舵感が標準仕様のハイブリッドに比べると機敏で、旋回時のグリップ性能も前後輪ともに高まる。旋回軌跡を拡大させにくく、ハイブリッドで感じた後輪の緩さも払拭されている。

従ってオーリスらしいスポーティーな運転感覚を味わえるが、乗り心地は少し硬い。路面のデコボコを伝えやすく、しなやかさが不足していると感じた。

このようにグレードと装着するタイヤで印象が意外に違うから、購入する時には両方のグレードを乗り比べて判断したい。

後席の座り心地や後方視界など、プリウスよりも優れる点は多い

トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

購入時の注意点としては、後席の座り心地も挙げられる。

居住空間の広さはノーマルエンジン搭載車と同じだが、ハイブリッドは前述のように駆動用電池を後席の下に搭載したから、座面の柔軟性が乏しい。体が座面に沈みにくく、平板な座り心地となった。

不快感を伴うほどではないが、ファミリーカーとしてオーリスハイブリッドを選ぶ時は座り心地を確認したい。

ただし腰が落ち込む座り方を強いられる現行プリウスに比べれば、オーリスハイブリッドのほうが快適に感じるユーザーも少なくないだろう。

同様のことが運転感覚にも当てはまる。斜め後方の視界なども、オーリスが特に優れているわけではないが、プリウスに比べれば見やすい。全長が210mm短いことも含めて、オーリスの方が運転しやすく感じる。

トヨタ オーリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ オーリス の関連記事

トヨタ オーリスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ オーリス の関連記事をもっと見る

トヨタ オーリス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27