autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート デビュー4年目、なぜ今ごろ「ハイブリッド」追加なのか/トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/5/10 09:52

デビュー4年目、なぜ今ごろ「ハイブリッド」追加なのか/トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート(2/5)

関連: トヨタ オーリス Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
デビュー4年目、なぜ今ごろ「ハイブリッド」追加なのか/トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート

コンパクトにハイブリッド追加したら爆発的ヒット→Cセグでもイケるんじゃね?

トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

アクアは初心者でも運転のしやすい小型5ナンバー車で、装備はシンプルながら、売れ筋グレードの価格帯は180~200万円だ。JC08モード燃費は、新型プリウスに抜かれたものの、依然として国内最高レベルの37km/Lに達する。

対するオーリスは海外(特に欧州)指向の強い3ナンバー車。価格は標準仕様の「オーリス ハイブリッド」が262万473円、上級の「オーリス ハイブリッド”Gパッケージ”」は283万2545円になる。装備の違いを補正すれば、価格は現行プリウスとほぼ同じだ。

しかしプリウスに比べればハイブリッドシステムが古く、オーリスハイブリッドのJC08モード燃費も30.4km/L(現行プリウスは売れ筋グレードが37.2km/L)にとどまる。

自動ブレーキは最新「プリウス」よりも劣る設定

トヨタ オーリスハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

緊急自動ブレーキを作動できる安全装備も、プリウスは「ミリ波レーダー+単眼カメラ」を使う「Toyota Safety Sense P」(トヨタセーフティセンスP/オプション価格は8万6400円)、オーリスは「赤外線レーザー+単眼カメラ」の「Toyota Safety Sense C」(トヨタセーフティセンスC/同5万4000円)だ。

オーリスのタイプは緊急自動ブレーキの作動が時速80km以下で(警報は時速140kmまで作動する)、歩行者も見分けられず、アクセルとブレーキペダルが自動調節されるレーダークルーズコントロールも備わらない。これだけの違いがあって価格差が3万2400円なら、Toyota Safety Sense Pが魅力だろう。

以上の点を踏まえると、オーリスハイブリッドの商品力には疑問符が付くが、運転感覚はどうなのか。試乗を開始した。

トヨタ オーリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ オーリス の関連記事

トヨタ オーリスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ オーリス の関連記事をもっと見る

トヨタ オーリス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23