autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】トヨタ 「オーリス 120T」[新開発1.2リッターガソリン直噴ターボ] プロトタイプ試乗レポート/国沢光宏 2ページ目

試乗レポート 2015/4/7 19:58

【試乗】トヨタ 「オーリス 120T」[新開発1.2リッターガソリン直噴ターボ] プロトタイプ試乗レポート/国沢光宏(2/3)

関連: トヨタ オーリス Text: 国沢 光宏 Photo: 茂呂幸正
【試乗】トヨタ 「オーリス 120T」[新開発1.2リッターガソリン直噴ターボ] プロトタイプ試乗レポート/国沢光宏

予想以上の仕上がりなうえ、実用燃費にも自信あり!の新エンジン

【試乗】トヨタ 「オーリス 120T」[2015年4月マイナーチェンジ/新開発1.2リッターガソリン直噴ターボエンジン搭載車] プロトタイプ試乗レポート/国沢光宏

今回はマイナーチェンジ発表直後で、まだオーリス 120Tのテスト車輌にもナンバーがついておらず、サーキットという特殊な環境だった上、10分くらいしか試せなかった。とはいうものの、アクセルレスポンス良く、予想以上の仕上がりだったことを確認出来た。

このターボエンジンの開発担当者に聞いてみたら「実用燃費の良さに自信を持っています」。高い評価を得ている前述のVW ゴルフより燃費良いそうな。

日本の道路環境ではCVTが何かと有利

【試乗】トヨタ 「オーリス 120T」[2015年4月マイナーチェンジ/新開発1.2リッターガソリン直噴ターボエンジン搭載車] プロトタイプ試乗レポート/国沢光宏

ダウンサイジングターボエンジンに加え、日本の道路環境だとCVTの方が有利。何故なら、6速トルコンATやツインクラッチ式のAT(DCT)より、常時熱効率の高い回転域をキープ出来るからだ。実際、エンジン自慢の「マツダ デミオ」(6速トルコンAT)ながら、実用燃費ではCVTの「トヨタ ヴィッツ」や「ホンダ フィット」には勝てない。新エンジン積んだオーリスの燃費テストが楽しみだ。

【試乗】トヨタ 「オーリス 120T」[2015年4月マイナーチェンジ/新開発1.2リッターガソリン直噴ターボエンジン搭載車] プロトタイプ試乗レポート/国沢光宏

ちなみにオーリス 120T、ガソリンはハイオク指定ながら、アクセル開度少ない乗り方であればレギュラーガソリンを使っても燃費も落ちないという。燃費が落ちない速度域(例えば100km/h以上、といった状況)についてデータを集めてくれるというので、これまた燃費チェックの時にでもレポートしたい。レギュラーガソリンが使えるのなら嬉しい。

[「Toyota Safty Sense C」の実力やいかに!?・・・次ページへ続く]

トヨタ オーリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ オーリス の関連記事

トヨタ オーリスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ オーリス の関連記事をもっと見る

トヨタ オーリス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26