autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 アクアのSUVが登場!トヨタ アクア X-URBAN 新型車解説/渡辺陽一郎

新型車解説 2014/12/8 13:29

アクアのSUVが登場!トヨタ アクア X-URBAN 新型車解説/渡辺陽一郎(1/2)

関連: トヨタ アクア Text: 渡辺 陽一郎 Photo: トヨタ自動車株式会社
アクアのSUVが登場!トヨタ アクア X-URBAN 新型車解説/渡辺陽一郎

アクア購入検討ユーザーへの新たな選択肢「アクア X-URBAN」

トヨタ アクア X-URBAN/エクステリアトヨタ アクア X-URBAN/エクステリア

最近は都会的な雰囲気のSUVが人気を集めている。悪路の走破に重点を置いたオフロードSUVではないが、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)に余裕を持たせ、凹凸も乗り越えやすい。悪路走行だけでなく、駐車場に入る時なども段差を気にしないで済む。外観は適度に野生的だ。

一方、実用性も高い。ボディスタイルは背の高いワゴン、あるいは5ドアハッチバックだから、居住性に優れ、リアゲートを備えた荷室も使いやすい。実用性と個性を適度に調和させたことから、車内の広いミニバンに乗り慣れたユーザーにも好評で、SUVへの代替えが進んだ。

となればメーカーやディーラーにとって、SUVは魅力的なジャンルになる。今の国内の新車販売は、軽自動車が約40%で、コンパクトカーが25~30%の状況。ミニバンの人気も頭打ちで低価格化が進んだから、価格帯が高めのSUVは、貴重な収益源といっても大げさではない。

また、SUVは2000年頃から北米だけでなく欧州でも人気を高めている。海外でも堅調に売れることが分かり、今ではさまざまなメーカーがSUVを手掛ける。

このような市場動向も踏まえて登場したのが、トヨタアクアの「X-URBAN/エックス・アーバン」だ。別項で触れているように、トヨタ アクアは2014年12月8日にマイナーチェンジを実施。内外装のデザイン、装備内容、さらにボディ剛性やサスペンションの設定などにも変更を加えた。この時に新たな選択肢として加わったのがX-URBANになる。

トヨタ アクア X-URBAN/エクステリア

X-URBANは、文字どおり「都会的なセンスのクロスオーバー」というコンセプトで開発された。専用サスペンションの装着によって、最低地上高を20mm拡大。160mmにすることで、段差のある場所でも下まわりを擦りにくい。

タイヤサイズは16インチ(175/60R16)で、専用デザインのアルミホイールを組み合わせる。タイヤの変更により、最小回転半径がベーシックグレードの4.8mに対してX-URBANでは5.4mまで拡大するから、取りまわし性に注意したいが、外観の見栄えと走破力には魅力がある。

存在感ある専用ボディパーツを数多く装着

トヨタ アクア X-URBAN/フロントグリル
トヨタ アクア X-URBAN/ルーフモールトヨタ アクア X-URBAN/サイドマッドガード

X-URBANはボディにも専用のパーツを数多く装着した。フロントグリルは専用デザインで存在感を強め、ボディ側面の下側にはサイドマッドガードを備える。ルーフの両側にはルーフモールも付く。

最低地上高の拡大を含めて外観を大幅に変更しながら、全高を1,490mmに抑えたことにも注目したい。立体駐車場の利用を妨げないからだ。今のところ全高を1,550mm以下に抑えた立体駐車場を使いやすいSUVは、スバル XV(ルーフレール非装着車)と、ジューク 15RXアーバンセレクションのみ。

X-URBANは、都市部に住んでいるユーザーにとって貴重なSUVになり得るだろう。

トヨタ アクア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アクア の関連記事

トヨタ アクアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アクア の関連記事をもっと見る

トヨタ アクア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25