autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ ランドクルーザープラド 試乗レポート/小沢コージ 4ページ目

試乗レポート 2009/10/14 16:00

トヨタ ランドクルーザープラド 試乗レポート/小沢コージ(4/4)

関連: トヨタ ランドクルーザープラド Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
トヨタ ランドクルーザープラド 試乗レポート/小沢コージ

最後にランクルが残るのでは?

トヨタ ランドクルーザープラド TZ フロントスタイリング
トヨタ ランドクルーザープラド TZ リアスタイリングトヨタ ランドクルーザープラド TZ サイドビュー

本来、違うはずだが、つくづくクロカン4WD市場というか、SUV市場は時代に左右されるものだと思う。元々はジープやランドローバーなどの硬派路線から始まり、それをトヨタのランドクルーザーが受け継ぎ、日本でパジェロがシティユース化した。

その“ナンパ化”の動きは顕著で、今やすっかり本家ランドローバーは高級志向になったし、ヨーロッパでも乗用車ベースのVWトゥアレグやアウディQシリーズなどがこぞって登場。その象徴がポルシェ・カイエンだろう。

ある意味人間の“見栄”の産物とも言え、パワー&ステイタス&コンフォータブルの権化でもある。だが、期せずして昨年経済クライシスをきっかけに状況は変わりつつある。

今後、大型SUVはますますハイブリッド化&エコ化が行われ、イメチェンは余儀なくされるはずだ。決して無くなることはないだろうが、忙しくコンセプトチェンジを繰り返すだろう。

翻ってこのランクルプラドである。正直、今回のフルモデルチェンジを見ても“別格”の薫りがする。完全に“別の流れ”のクルマだと思う。全然違う尺度に生きている。

逆に言うと、スタイリングやインテリアデザインや居住スペースはやや古臭いし、古典的過ぎる。走りはかなりアップデートしているものの、乗用車ベースのSUVからすると突出していいわけでもない。だが、なによりも大切なのはステイタスであり、存在感が誰にも負けてないのだ。

もしも、世界戦争なり地球規模の紛争が起き、最後に生き残るクルマは…ランクルだと言う説がある。つまりランクル200系かプラドだ。

実際、このサイズ、このクラスにくるとちょっとした狭さや使い勝手の差はどうでもいい。モノとしての存在感、物欲を刺激するかどうかが勝負。その場合、ランクル的存在はヘタなカイエン的存在のクルマより勝る気がする。

最初はナンパだった男が、最後には本当の“漢”になる。世の中、不思議なものではないか!

トヨタ ランドクルーザープラド TZ タイヤ&アルミホイールトヨタ ランドクルーザープラド TZ ステアリングトヨタ ランドクルーザープラド TZ メータートヨタ ランドクルーザープラド TZトヨタ ランドクルーザープラド TZ シフト

トヨタ ランドクルーザープラド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ランドクルーザープラド の関連記事

トヨタ ランドクルーザープラドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ランドクルーザープラド の関連記事をもっと見る

トヨタ ランドクルーザープラド の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25