autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由

試乗レポート 2015/8/27 11:08

500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由(1/4)

500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由

軽自動車が全体の4割を占める時代でも、アルヴェル兄弟が売れ続ける謎

500万円級のアル・ヴェルが激売れな理由/トヨタ アルファード ヴェルファイア 試乗レポート

最近は小さなクルマに代替えするユーザーが増えている。その結果、新車として売られるクルマの35~40%が軽自動車になった。

が、ボディが大型で価格も高いのに好調に売れる車種もある。それがトヨタ「ヴェルファイア」&「アルファード」兄弟だ。

ヴェルファイア&アルファードは、全長が4915mm(エアロパーツを装着したグレードは4935mm)、全幅が1850mmの大柄なボディに、直列4気筒2.5リッター、V型6気筒3.5リッター、さらに2.5リッターのハイブリッドを搭載する。売れ筋グレードの車両本体価格は350~450万円前後と高めの設定だ。

コンパクトカー並み! 月10,000台をコンスタントに販売

500万円級のアル・ヴェルが激売れな理由/トヨタ アルファード ヴェルファイア 試乗レポート500万円級のアル・ヴェルが激売れな理由/トヨタ アルファード ヴェルファイア 試乗レポート

登録台数が多いのはヴェルファイアで、1か月の台数は5000~6000台に達する。アルファードは4000~5000台。ヴェルファイアは全国に約1600店舗を展開するネッツトヨタ店、アルファードは約1000店舗のトヨペット店が扱うため、ヴェルファイアの売れ行きが上まわった。それでも以前に比べると、両車の台数格差は縮まっている。2015年1月にフルモデルチェンジされた現行型では、アルファードがフロントマスクの存在感を大幅に強め、以前に比べると登録台数が大幅に伸びた。

2015年4~7月の売れ行きを前年と比べると、ヴェルファイアは約200%、アルファードは250%くらいになる。アルファードがフロントマスクを変更した効果が大きい。

そして両姉妹車の登録台数を合計すると1万台前後に達する。「トヨタ ヴィッツ」を上まわって「ホンダ フィット」や「日産 ノート」など、100万円台のコンパクトカーと同等の数を売っている。

[「いつかは・・・」憧れの1台へと昇格したアル・ヴェル・・・次ページへ続く]

トヨタ アルファード 関連ページ

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アルファード の関連記事

トヨタ アルファードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アルファード の関連記事をもっと見る

トヨタ アルファード の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27