autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ アルファード「“ 高級感”イメージに追いついた乗り心地」 ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2015/5/1 16:55

トヨタ アルファード「“ 高級感”イメージに追いついた乗り心地」 ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

トヨタ アルファード「“ 高級感”イメージに追いついた乗り心地」 ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

“ 高級感”イメージに追いついた乗り心地

アルファードといえば、国内では敵なしの高級ミニバンである。

正確に言えば「キングオブミニバン」を標榜する日産 エルグランドがライバルとして存在するけれど、販売面では兄弟車のヴェルファイアと合わせて一人勝ちの状況。政治家や企業のトップ、芸能人といったVIPに好んで使われているのも、アルファードの高級車としての「格」を高めている理由のひとつだ。

トヨタ アルファード
トヨタ アルファードトヨタ アルファード

その一方で、専門家の視点から見ると、乗っているVIPが気の毒だなぁ、というのが正直な気持ちだった。

ガツンドシンという質の低い乗り心地や、路面の凹凸を拾ってブルつくシートバック、一見豪華に見えるが実は安手のインテリアなど、いろいろな弱点があった。僕としては エルグランドのほうがずっと高級だと思っていた。

それでも売れていたのは、押し出しの強いメッキグリルをはじめとする「わかりやすい高級感」の効果だろう。

そこのところはトヨタもよくわかっていて、新型には先代以上に大きく派手なメッキグリルを付けてきた。勢い余ってレクサスのスピンドルグリル風になってしまったのはご愛敬か?いやそれでは済まされないよね、というレクサス担当者の不満が聞こえてきそうだ。

懸案だった乗り心地については大幅改善された。不満だった静粛性も、クラウンとまではいかないけれど、ミニバンとしてはかなり優秀。これでタイヤノイズをもう1レベル抑えられれば「目指したのは高級サルーン」というコンセプトはより説得力を持つ。

乗り心地の進化と相まってセカンドシートの快適性は大幅に向上した。

なかでも「エグゼクティブラウンジ仕様」のシートはビジネスクラス並み。スゴい。ただしダッシュボードやドアトリムのハードプラスティック仕上げはどう考えても700万円という価格に見合わない。仮に僕が買うなら300万円台で買える2.5リッター仕様を選ぶ。

トヨタ アルファード

リアの足回りには、新開発のダブルウィッシュボーンサスペンションを採用。ボディ剛性の強化と相まり、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現した。加えて振動・防音対策や車両形状を追求し、心地よい静粛性を達成した。また、後席重視の新グレード「Executive Lounge」ではシート幅を約100mm拡大し、広くゆったりとした専用シートを採用している。

トヨタ アルファード X 2.5リッター/2WD/8 人乗り主要諸元

車両本体価格:¥3,197,782(消費税込)※北海道、沖縄地区を除く 全長× 全幅× 全高(mm):4,915×1,850×1,880 / 車両重量:1,920kg / 定員:8人 / エンジン:直列4気筒DOHC / 総排気量:2,493cc / 最高出力:134kW(182ps)/6,000rpm / 最大トルク:235Nm(24.0kgm)/4,100rpm / JC08モード燃費:11.6km/リッター / 駆動方式:前輪駆動

トヨタ アルファード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アルファード の関連記事

トヨタ アルファードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アルファード の関連記事をもっと見る

トヨタ アルファード の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25