autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム トヨタ「86」の兄弟車、サイオン「FR-S」が消滅した理由 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/8/2 19:03

トヨタ「86」の兄弟車、サイオン「FR-S」が消滅した理由(2/2)

関連: トヨタ 86 Text: 桃田 健史 Photo: トヨタ自動車/桃田健史
トヨタ「86」の兄弟車、サイオン「FR-S」が消滅した理由

踏み切れないホンダを尻目に、大胆な行動に出たトヨタ

「ワイルドスピード」大ヒットをきっかけに、三菱は「ランエボ」、スバルは「WRX」の北米導入を決定。ラリーの人気が低いアメリカで、これら2モデルの販売計画はなかったが、ジャパニーズ・ストリート用チューニングカーのビジネス拡大に便乗したかたちだ。

一方、ホンダはこうしたトレンドに対して、ある程度の「距離感」を持って接していた。なぜなら、ブームの本質であるホンダ車を使った各種イベントが、チャイニーズ・マフィアなどとの繋がりがあったからだ。

また、各種改造パーツが、アメリカ連邦法、またはカリフォルニア州法において、合法と非合法の中間の「グレーゾーン」であり、ホンダ本体として「さらに一歩踏み込むこと」を躊躇っていた。

そんな時期が2年ほど続き、スポーツコンパクトブームがひと息つこうか、という頃にトヨタがサイオンブランドを発表したのだ。

トヨタの狙いは、スポコンブームでクルマの新しい価値を持った若い世代に対して、彼らに手が届く新車を提供すること。トヨタブランドへの「エントリー」を設けることだ。結局、ホンダが新しい市場の種を撒き、成長したところでトヨタが刈り取ったということになる。

サイオン FR-S

「若者のクルマ離れ」によってサイオンの使命は終わった

トヨタとしては、サイオンを若者向けブランディングの実験場として位置付けただけではない。「新車を購入したことがない各世代の人たち」や、「セカンドカー、サードカーとして、コスパの高い新車が欲しい人たち」に向けた販売促進を進めた。

そして、2012年にサイオンのブランドイメージリーダーとして「FR-S」を発表。90年代後半のスポコンブームを彷彿させる、ジャパニーズ・チューニング、ジャパニーズ・カーデコレーションの世界観を訴求した。

だが、ライドシェアなど新しい交通システムが急激に普及し始めたアメリカで、「FR-S」のプロモーションには「時代遅れ感」があった。一部の熱狂的ファンによる「閉じた社会」に終始し、初期のワイルドスピードのような社会全体を巻き込むトレンドは起こらなかった。

ブランド全体としての販売数の低迷、そしてアメリカでも顕著になる「若者のクルマ離れ」によって、サイオンの使命は終わった。

100年に一度と言われる自動車産業界の大変革期に突入したいま、サイオン廃止の意味合いは極めて大きいと思う。

[Text:桃田健史]

■13年で終焉を迎えた「サイオンブランド」(画像38枚)

TOYOTA 86
筆者: 桃田 健史

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22