autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 市販されない幻のトヨタ86オープンモデル「86コンバーチブル」でレース参戦! 3ページ目

イベントレポート 2016/8/1 20:02

市販されない幻のトヨタ86オープンモデル「86コンバーチブル」でレース参戦!(3/3)

関連: トヨタ 86
市販されない幻のトヨタ86オープンモデル「86コンバーチブル」でレース参戦!

(ブルー)羽琉さん

86/BRZ Fuji Green Cup

今回のCACメンバーの中では唯一のモータースポーツ経験者。ヴィッツでラリーにもチャレンジしている羽琉さん。ドライバー交代の際、シートポジション合わせなど、他のメンバーへの気配り、サポートも抜かりない。

(コメント)「思い通りの走りができなかった。86は今回初めての機会となったが、ATであるので速度を保ちつつ回転数を落とさないようにするのに慣れを要す。井原慶子さんの合宿にも参加したにもかかわらずその経験が思うようにいかせなかったので残念。もっとスムーズ走りたかった。

(ブラック)山口悦子さん

86/BRZ Fuji Green Cup

プリウスカップの司会進行を務めたこともある彼女。そんなときに出た話題について「あれはこのことだったのか」走りながら勉強になるレースだったという。普段はお酒を飲まないご本人、お父様が飲んだ時の運転を代わる程度しか運転はしてないとのこと。

(コメント)リアルマリオカートの世界の様で楽しかった。かわいい女子ばかりのチームでテンションが上がります。実は最近周りでもクルマ好きの女子が多いのですが、気軽に始めることができ、レースが進んでいく中でいろいろ勉強になりました。「助手席よりもハンドル握った方が楽しいよ」と、クルマ好き女子たちにも教えてあげたいです。初心者でも楽しめる86、音も低いボディもカッコいいので、多くの人に乗ってほしいです。

(イエロー)早川あゆ美さん

86/BRZ Fuji Green Cup

日本初のベリーダンサーレースクイーン。毎日アクアに乗っている別物。(台風一過の天気もあってか)景色がきれいだった、とのこと。

(コメント)今までは応援するだけでしたが、見ると走るとでは大違い。一人でサーキットを走っていると、普段気づかない新しい自分が発見できるかのようでした。お父さんもカートをしたりするので自慢したいです。今回は心残り。国際サーキットを走る機会などそうそうないので、次回はもっと練習を積んで参戦したいです。

(レッド)星乃華さん

86/BRZ Fuji Green Cup

現在スーパーGT300クラス Team TAISAN SARDのレースクイーン。普段はヴァンガードに乗っているので86に乗った感想は「凄く低い」。高速でもカーブを曲がることができ、さすがだと思った。

(コメント)まず「レースって本当に過酷なんだ」ということを肌で感じる事ができました。普段から近くで見ているし、選手にも接しているのですが、こんなに暑いなんて!今まではまずレース後はドライバーに冷たい飲み物を渡していましたが、実際走ってみると、まずタオルがほしいと思ったので、これからはレースクイーンとしての振る舞いにも活かしていきたいです。走っていると自分の性格で気づかされる面もありました。周回遅れで先を行くマシンに囲まれたときに妙に気を使ってしまったり。もっと前に出ないとダメだなと思いました。だんだん暑さも厳しくなり集中力も切れてきますので、2周くらいは充実感もありましたが、全体的には楽しかったけれど心残り。やはり結果も追いたいと思いました。そし一番感じたのは、レーシングドライバーは、走った後で、こうした振り返りが多いということ。今まで結果だけを見て、「お疲れさまでした」とか「速かったですね」とか、とにかくコミュニケーションをやみくもに取ろうとしていましたが、いい成績でも、そうでなくても、走った直後はそっとしておいてほしいときとかもあるのかなと思ったり。選手の気持が少しだけわかった気がしました。走りよりも気持ちの面で得るものが多かったレースでした。楽しいだけでは物足りないので、次回チャンスがあればしっかり戦略を立てて臨みたいです。

(グリーン)高村みどりさん

86/BRZ Fuji Green Cup

名前がみどりだからグリーン!?普段からイベントコンパニオンやレースクイーンをしている。

(コメント)楽しかった。順位的は最後尾の方でしたが、それだけに自分のペースで走れました。普段から運転はするものの、軽自動車に比べると視野が狭いので違和感を覚えました。普段からレースクイーンもしているので、本心からドライバーさんに「お疲れ様でした」と言えそうです。次回はもっとほかのクルマを抜かしたい。そして勝ちたい。普段のレースの見方が変わりそうです。

(監督)キャンベル坂田智子代表

86/BRZ Fuji Green Cup

(コメント)作戦は成功したのではないでしょうか。初参加にして完走はしたものの、しっかりと次につながる課題も残り、チャレンジすることの意味、本質を体験できたと思います。事前に練習走行ができなかったものの、シミュレーションをやっていたのは大きかったです。コースの様子やマシンの挙動など、実によくできていて、実車での走行ではないからと侮れないクオリティでした。私もとても楽しかったし、CACのメンバーも楽しめたと思うので第一回目としてはまずまずでしょう。来年は自分でもあともう2周くらいは走れるようにしたいものです。ぜひ同じメンバーでまたこのレースにチャレンジしたいです。

[Text:ダブルクラッチ]

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25